格安SIMはデータ通信のみと音声通話付きから選ぶことができますよ

データSIMと通話SIMの違い格安スマホではデータ通信だけができるSIM、あるいは
090/080の電話番号を使って音声通話もできるSIM

あなたの希望にあわせて選択することができるんですね。

スマホとのセット購入はもちろん、今使っている端末に
SIMだけを差し替えて安く使いたい場合でも大丈夫なんです。

 

格安SIM選び方

キャリアで販売されているスマートフォンでは

データ通信も音声通話もセットで販売されているので
ちょっとここがわかりにくいようですね。

格安SIMではどちらかを選んで購入することもできます。

あなたが今使っている端末をそのまま使いたいなら
SIMだけを購入して差し替えればOKなんですね。

iphoneでも大丈夫です。

その場合でもデータ通信専用のSIM、あるいは
音声通話もできるSIMどちらかを選んで買うことができます。

音声通話付きのSIMとは

音声通話SIM

あなたが選択したデータ通信量と
090/080の電話番号で通話もできるSIMというわけです。

キャリアで販売しているのも音声通話SIMですよね。
一般的には音声通話付きSIMが選択肢となるでしょう。

今使っている電話番号そのまま引き継いで
MNP:モバイル・ナンバー・ポータビリティ

格安スマホへの乗換えを検討されるあなたはこちらです。

最初に今使っているキャリアで
MNP予約番号を取得することがスタートとなりますね。

また、新規でスマートフォンを契約する場合

そして、090/080の電話番号での通話を希望するときも
こちらのSIMを選択するようになります。

もちろん、端末とのセット購入も可能になっています。

SIMを差し替えて今使っている端末をそのまま使うなら

まず最初に購入を考えているMVNOのホームページで
動作確認端末一覧から調べてみることが大切ですね。

要は、あなたの端末が
SIMに適合化しているかのチェックが最初の作業となります。

シムロックの解除もやっておきたいですよ。

格安スマホSIMセット購入

補足として、格安スマホでは通話料が一般的に
そのまま電話をかけると30秒で20円の従量制

ですが、MVNOで用意されているアプリをダウンロードして
アプリをタップで電話をかけるとおよそ半額の30秒10円

月割800円くらいのオプションでかけ放題が用意されている

MVNOがほとんどですから
あなたの使い方に合わせて通話料を節約してください。

データ通信のみのSIMとは

データSIM

ガラケーとの2台持ちとか、自宅に余っていた端末を
アプリやLINE専用に使いたいなどといった考え方

通話はガラケーで、ラインやネットはスマホでというわけです。
あるいはデザリング専用とかね。

スマートフォンも新調したいなら
MVNOで希望の端末とSIMセットで購入することもできます。

スマホとデータ通信専用のSIMをセットで買うこともできるわけです。

データ通信量にも選択肢が色々と用意されていて
一般的によく売れているのは3GB/月のSIMでしょうか。

これは、高速データ通信が使える容量として月に3GBまで
月3GBを超えると、月末まで速度が200kbpsに制限されるわけですね。

10GB以上の容量の大きなSIMも販売されていますが

これはシェアコースといって家族で月10GBを分け合える
家族で格安スマホに乗り換えるならこんな考え方もあります。

SIMカードを家族分の枚数購入するわけですね。

(ただし、3枚程度が購入できる上限でしょうかね。)

補足として、SMS機能が必要な場合は

別途オプション契約が必要となるMVNOがほとんどですから
ここも各社のホームページで確認が大切です。

データ通信のみですから
090/080の電話番号を使っての通話はできません。

ただし、LINEの無料通話やララコールのような

ライン無料通話

IP電話はアプリを使って利用することができますよ。

まとめ

このように格安スマホではキャリアと違って

データ通信だけが利用できるSIM
データ通信と音声通話ができるSIMを選択することができます。

ガラケーとの2台持ちや電話番号そのままの乗り換え

子供用のスマホを新しく購入するときなど
あなたのニーズに合わせて選ぶことができるわけですね。

ただし、UQモバイルやワイモバイルなど

スマートフォン・音声通話SIM・無料通話
全部セットで販売しているMVNOもあります。

あなたにピッタリのMVNOはこちらでチェックしてみてくださいね!

コメントを残す