格安SIMにはデータ通信のみと音声通話付きがあります

データSIMと通話SIMの違いシニア層の方によく質問されるのですが、データ通信専用SIM
そして、音声通話付きSIMの違いについてですね。

格安スマホでは、データ通信だけができるSIM、または
090/080の電話番号を使って通話もできるSIMを
あなたの希望にあわせて、購入することができるわけです。

 

格安SIMの選び方

キャリアで販売されているスマートフォンでは
データ通信も音声通話もセットで販売されているので
ちょっとここがわかりにくいようですね。

格安SIMでは、どちらかを選んで購入することができます。

 

データ通信のみのSIMとは

 

こちらは、ガラケーとの2台持ちなど
格安スマホを検討される方に多いようですね。

通話はガラケーで、アプリはスマホでというわけです。

 

MVNOのほとんどは、NTTドコモの回線を借りていますから
ドコモのスマートフォンまたは、解約した白ロムがあれば
SIMが適合すれば挿しかえて、そのまま使うことができます。

最初に、MVNOのホームページで
動作確認端末一覧から、調べてみることが大切ですね。

 

あなたがドコモの端末や
SIMフリースマートフォンを持っていない場合は
MVNOで、希望の端末とセットで購入することもできます。

 

データ通信量にも選択肢が色々と用意されていて
一般的によく売れているのは3GB/月のSIMでしょうか。

これは、高速データ通信が使える容量として月に3GBまで
月3GBを超えると、月末まで速度が200kbpsに制限されるわけですね。

 

10GBのような、容量の大きなSIMも販売されていますが
これはシェアコースといって、家族で月10GBを分け合える
家族で格安スマホに乗り換えるならこんな考え方もあります。

SIMカードを、家族分の枚数購入するわけですね。

(ただし、3枚程度が購入できる上限でしょうかね。)

 

補足として、SMS機能が必要な場合は
別途オプション契約が必要となるMVNOがほとんどですから
ここも各社のホームページで確認が大切です。

 

データ通信のみですから、アプリやインターネット、メール
このあたりは利用できますが、090/080の電話番号を使っての
通話はできません。

 

音声通話付きのSIMとは

 

こちらが、あなたが選択したデータ通信量と
090/080の電話番号で通話もできるSIMというわけです。

料金的には、データ通信のみのSIMより高くなりますね。

 

今使っている電話番号そのまま引き継いで
MNP:モバイル・ナンバー・ポータビリティ
格安スマホへの乗換えを検討されるあなたはこちらです。

 

最初に、今使っているキャリアで
MNPの予約番号を取得することがスタートとなりますね。

 

また、新規でスマートフォンを契約する場合
そして、090/080の電話番号での通話を希望するときも
こちらのSIMを選択するようになります。

もちろん、端末とのセット購入も可能になっています。

 

補足として、通話料が30秒で20円の従量制となります。
ですので、格安SIMをより安く使うポイントとして
通話料の上手な節約が大切だといえるでしょうね。

 

このように格安スマホには、キャリアと違って
データ通信だけが利用できるSIMと
データ通信と音声通話ができるSIMを選択することができます。

 

ガラケーとの2台持ちや、電話番号そのままの乗り換え
子供用のスマホを新しく購入するときなど
あなたのニーズに合わせて選ぶことができるわけですね。

コメントを残す