MNPの新しい転入方法で電話が使えない不通期間ゼロへ

MNP乗り換えで電話が使えなくなる期間なしあなたが今使っている090/080/070の電話番号そのままで
格安スマホに乗り換える場合に、MNPを利用しますが

予約番号を取得して手続き後、契約したMVNOからSIMが届くまで
電話が利用できない不通期間が生じることがネックでした。

しかし、この不通期間もかなり解消されつつありますよ!

 

MNPのひとつのデメリットがこの部分なんですね。

MNPの予約番号を取得 ⇒ 希望のMVNOへ転入申し込み

そして、MVNOからSIMが送られてくるわけですが
早くても2~3日はかかるので、その期間電話が利用できない・・

 

2015年9月から、この不通期間がゼロに解消されるMVNOがあります。

今のところ、mineoとBIGLOBEスマホ
9月16日以降の契約から、IIJmioでも対応しています。

今後は、各社ともこの流れになってくるのだといえるでしょう。

 

U-mobileでも、申し込み時に届出方式を選択することで
MNP転入での不通期間が解消されるようになりました。

 

さらに、DMM mobileおよびNifMoでも対応
そして楽天モバイルでも2016年5月9日から対応

楽天モバイルでは、どちらかを選択できるようになるようです。

 

基本的に、MNPの予約番号を取得 ⇒ 希望のMVNOへ転入申し込み
この手順は変更ありませんが、SIMが届いた後
MNPの転入手続きを、あなたがするようになるわけですね。

 

1例としてmineoでの手順を例にしますと(ドコモプラン)

 

mineoのMNP転入手順

 

SIMが届いた後、サポートセンターへ電話をします。

本人確認の後、mineo側で回線切り替え手続きが開始
1時間程度で、回線切り替えが完了となり
端末を再起動の後、スマホが利用できるようになるわけですね。

 

これだと、とても簡単にMNPで転入が可能で
しかも、不通期間といっても1時間程度ということです。

 

IIJmioの場合はおうちでナンバーポータビリティ

 

iijmioみおふぉんのおうちでナンバーポータビリティ

 

考え方としては、基本的に各社同じで
契約後まずSIMが届いてから、電話あるいはホームページから
あなたが手続きすることで利用できるようになります。

 

ただし今のところ、すべてのMVNOで対応しているわけではありません。

また、MVNOによっては、ホームページのみの受付
電話とホームページの両方で受付など、違いがありますので
各社の公式サイトでご確認くださいね。

コメントを残す