ワイモバイル新ワンキュッパ割がメイン!さらにズキュン割も

ワイモバイル料金プランY!mobileの料金プランやポイントについてまとめてみます。
ワイモバイルのメリットは、ふてにゃんCMでもおなじみのコミコミ

10分以内の国内通話が月300回まで無料
2017年2月より300回の回数制限が撤廃されてかけ放題

通話重視のあなたには重宝するサービスといえるでしょう。
人気はズバリ!新ワンキュッパ割ですよ。

 

ワイモバイルメリット・デメリット

 

まず、Y!mobileの基本料金プランですが

スマホプランS(高速データ通信月1GB)・・2,980円
スマホプランM(高速データ通信月3GB)・・3,980円
スマホプランL(高速データ通信月7GB)・・5,980円

 

Y!mobileの料金プランは?

 

上記3通りの選択肢が用意されています。

ここに新ワンキュッパ割が適用されますから

 

ワイモバイル新ワンキュッパ割

 

1年間1,000円割引で使えて、データ通信量も2倍もらえる
お得なキャンペーンも開催中となっていますよ。

 

例えばスマホプランSなら、1年間1,980円で
高速データ通信は月2GBまで使えるわけですね。

 

そして、ここが最大のポイントといえますが

10分以内の国内通話が回数制限なくかけ放題

 

他社のスマートフォンや携帯電話
自宅や会社の固定電話すべて無料で利用できますよ。
(国際電話を除く)

 

ですので、あなたがデータ通信には
ホームページの閲覧やメールでの利用がメイン

データ通信よりも通話重視で格安スマホを考えるなら
スマホプランSの選択で、キャリアと比べても安く使えますね。

 

さらに、ズキュン割

 

ワイモバイルズキュン割

 

2回線目以降の月額基本料金が500円割引で
スマホプランSなら1,480円からスマホが持てるようになります。

最大9回線まで適用されるズキュン割
家族みんなが安く使える家族割となっていますよ。

 

 

ワイモバイルで販売中のスマートフォンですが
iphone SE

 

ワイモバイルiphone SE

 

シャープ Android One X1

 

ワイモバイルAndroid One X1

 

ファーウェイ P10 lite

 

ワイモバイルP10ライト

 

京セラ Android One S2

 

ワイモバイルのAndroid One S2

 

シャープ Android One S1

 

ワイモバイルのAndroid One S1

 

Nexus 6P

 

ワイモバイルのnexus6p

 

ファーウェイ P9lite

 

ワイモバイルで販売中のp9lite

 

507SH Android One

 

ワイモバイルの507SH Android One

 

京セラ DIGNO E 503KC

 

ワイモバイルの京セラ DIGNO E 503KC

 

AQUOS Xx-Y

 

ワイモバイルのaquosxxy

 

AQUOS CRYSTAL Y2

 

ワイモバイルのaquoscrystaly2

 

Nexus5X

 

ワイモバイルのNexus5x

 

Huawei LUMIERE

 

ワイモバイルのlumiere

 

現在、このあたりがメインだといえるでしょうか。

その他、アウトレットセールやタイムセールなど
開催されますので、スマートフォンの選択肢もいろいろと変動してきます。

ファーウェイ novaやP10liteの取り扱いもスタートしています。

 

初期費用として事務手数料が3,000円必要となります。

最低利用期間は2年間、最低利用期間内での解約には
契約解除料として9,500円必要になります。

 

また、2年後の契約更新月で解約をしなかった場合
さらに2年間の契約自動更新となりますのでご注意ください。

縛りに関しては、キャリアのスマートフォンと
同じシステムですので契約前には確認しておいてくださいね。

 

以上が、Y!mobile新ワンキュッパ割の概要です。

通話重視で格安スマホを考えてみたいあなたには
一考の価値があるといえるでしょう。

 

ワイモバイルのワンキュッパ割について

 

詳しい内容は、ワイモバイルホームページでチェックしてくださいね!

⇒ ワイモバイル!新ワンキュッパ割で1年間1,000円割引キャンペーン中

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す