電話のかけ方を工夫して格安スマホを使うこと

格安スマホの通話料を安くする方法格安スマホのメリットとしては、毎月のスマホ料金が安くなる
だから格安スマホのわけですが(笑)

「本当に安くなるの?」という声もまだまだあるようです。

また、実際に格安スマホに乗り換えた方の中にも
思うほど安くならない・・という声もあるようですね。

格安スマホをより安く使うひとつの方法として
通話料ですね、電話のかけ方を工夫することがポイントになります。

 

格安スマホMVNOでは一般的に
通話料が30秒で20円の従量制となっています。

 

キャリアのスマホ料金として、ドコモの基本的なプランでは

カケホーダイプラン・・2,700円(2年縛り)
ISP料金(SPモード)・・300円
データSパック(2GB)・・3,500円

合わせて、6,500円/月がひとつの目安となります。

 

ここで、同じ2GBの通信量が用意されている
DMM mobileの音声通話付きSIMを選択した場合1,470円/月

 

6,500円と1,470円ですので、5,030円安いわけですが
ドコモの場合、この基本料金に通話料も含まれているわけですね。

DMM mobileでは、30秒で20円の通話料が別途かかるということです。

 

ですので、格安スマホに乗り換える場合は
この通話料の節約がひとつのキーポイントというわけですね。

要は、30秒20円の通話料でそのまま電話をかけないということ。

 

では具体的な通話料の節約方法ですが
ひとつは楽天でんわアプリから電話をかける方法ですね。

楽天でんわなら、アプリをタップして電話をかけることで
通話料が30秒で10円と半額になります。

 

あなたが契約したMVNO、例えばBIGLOBEやU-mobileなど
専用の通話アプリが用意されているなら、そちらを利用すればいいですね。

 

楽天でんわの場合は、契約したMVNOを問わずダウンロードできますので
どこのMVNOで契約しようが利用できることがメリットです。

(もちろん、楽天会員であることなどは当然ですが・・)

 

それと、楽天でんわアプリは電話回線網(3G回線)を利用しますので
通話品質も一般の電話と変わりなく、使えることもメリットです。

 

次に、あなたもよくご存知のLINEの無料通話機能
お友達同士なら無料で通話することができますね。

 

そのほか、LINE電話という機能も利用可能で

 

LINE電話のメリット

 

こちらは有料になりますが通話料が安く利用できます。

事前にコールクレジットを購入して通話ができるようになります。

 

通話料として、携帯電話、スマートフォンには1分14円
固定電話には1分3円で通話ができますので安くなりますね。
さらに、国際電話も割安でかけることができます。

 

コールクレジット以外に、30日プランも用意されていますが
コールクレジットの方が使いやすいかなと私は思います。

 

その他、LaLa Callや050plusなど
少し月額基本料金は必要になってきますが
050の電話番号が取得できて、通話料も安く電話がかけられます。

050アプリ同士なら通話料が無料になりますね。

 

ただし、IP電話になりますので、3G回線と比較すると
どうしても通話品質が劣ることは否めません。

電話をかける場所や環境に左右されやすいといえます。

 

また、110番や119番など緊急通報にかけられませんので
このあたりはIP電話を使う場合のデメリットだといえますね。

 

格安スマホを契約するメリット
このように格安スマホの場合、通話料を安く利用すること
アプリから電話をかけることがポイントだといえるでしょう。

 

ひと手間かかりますが、安くなったスマホ料金を
将来のための貯蓄に回すもよし、子供さんの習い事を増やしたり
家族で旅行や食事に行く機会を増やしたり

ちょっとの工夫で有意義に使う方法も見出せるでしょう。

(お父さんの小遣いには回ってこないでしょうが・・)

 

あなたが格安スマホを検討する場合
あるいは子供専用に格安スマホを検討している場合など
ぜひ電話のかけ方を工夫して、通話料を節約してくださいね!

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す