格安スマホ|光熱費節約|仮想通貨情報など
ビットコイン初心者飼い方

ビットコイン販売所での買い方と取引所での買い方の違いは

ビットコインを購入するときは販売所または取引所
どちらでも買うことができますがややシステムが違うんですね。

初めてのビットコインならちょっと迷っちゃうと思うので
具体的な例を交えて書いてみたいと思いますよ。

ビットコイン買い方

ビットコイン初心者飼い方

ビットコインを購入するためにはまず
仮想通貨取引所での口座開設が必須となります。

当ブログでは管理人が使っているcoincheckでの
ビットコインの買い方を書いていきますね。

コインチックでの口座開設のやり方は別記事で書いていますので
まだのあなたは参考にしていただければと思いますよ。

⇒ 【図解入り】コインチェック口座開設からビットコイン購入まで

2通りの買い方が

コインチェック ビットコイン買い方

コインチェックでビットコインの買い方は2通り

販売所(コイン購入)または取引所(現物取引)
どちらでも購入できますが違いがあるんですね。

初めてビットコインを買うときはわかりにくいと思うので
(管理人自身そうだったので)

できる限りわかりやすく違いを書いてみようと思います。

販売所(コイン購入)で買う

コインチェック販売所

こちらがオーソドックスで簡単な買い方といえるでしょう。
「コイン購入」から操作も直感的にすぐ理解できると思います。

BTCを選択して手順に従ってすぐにビットコインを購入することができます。

販売所で購入するということはコインチェックが所有している
ビットコインを購入するという意味になります。

ですので簡単に500円程度の小額から購入できるわけですが
注意点として購入時にスプレッドが生じますから含み損からのスタート

スプレッドはまぁ手数料と理解しておくとよいでしょう。
スプレッド分購入した金額より当初総資産が減ってくるわけです。

取引所(現物取引)で買う

コインチェック現物取引

もうひとつの購入方法が現物取引となります。

現物取引とはコインチェックが所有しているビットコインではなく
ユーザー同士の売買で購入する方法となります。

ですので、あなたが買いたい額と先方の売りたい額が
離れていたらなかなか取引が進まないデメリットはありますが

ユーザー同士の取引ですから手数料が安いことがメリットです。

現物取引での注意点

ビットコイン現物取引注意点

手数料が安いので現物取引でビットコインを買いたいですが
注意点として最小単位0.005BTCからの購入になるということ

例えば2021年2月7日9時の相場が1BTC=4139883円

ビットコイン値動き

ですので参考レートや取引板の中央部分を参照しながら

コインチェック取引板

レート・・4100000BTC/JPY

注文量・・0.005BTC

概算・・20500JPY

コインチェック現物取引

1BTC 4100000円で買いますよという注文を出して
注文量は最小単位の0.005BTC売ってくださいという意味ですね。

その場合少なくとも20,500円以上の入金が必要ということ
入金額が不足していると購入することができません。

つまり、販売所なら500円程度の少額からビットコインが買えますが
現物取引では0.005BTCからの購入となるわけです。

その分手数料が安いということがメリットになります。

もう1例、2021年3月10日9時ごろでは1BTC=6000000円

ビットコイン現物取引やり方

コインチェック
ビットコイン買い方

レート・・6000000BTC/JPY

注文量・・0.005BTC

概算・・30000JPY

1BTC 6000000円で買いますよという注文を出して
注文量は最小単位の0.005BTC売ってくださいという意味ですね。

その場合少なくとも30,000円以上の入金が必要ということ

まとめ

コインチェック口座開設

以上がコインチェックでビットコインを買うときの
「販売所」と「取引所」との違いになります。

初めて買うときは管理人もそうだったんですが
わかりにくいと思うので参考にしてみてくださいね。

この違いが分かると口座開設からビットコイン購入までが
よりスムーズに進むことを管理人は体験済みw

余剰資金から買って合間にちょこちょこ買い増して
ガチホで将来のための備えになれば嬉しいですよね。

⇒ コインチェック口座開設(無料)

ビットコイン初心者飼い方
最新情報をチェックしよう!