b-mobileのLG G2 miniおかわりSIMセット(端末販売終了)

b-mobileおかわりSIMのメリット(2016年1月 追記)

b-mobileのおかわりSIMでは、スマホセット以外に
データSIM・通話SIMの単品販売もスタートしています。

こちらの記事にまとめてみましたのでご参照ください。

LG G2 miniとのセット販売も継続されていますよ。

(LG G2 miniは販売終了となりました。)

 

日本通信株式会社の格安スマホがb-mobile
老舗のMVNOとして、既存のユーザーさんもたくさんですね。

特徴的な料金プランに、おかわりSIMがありますが
LG G2 miniとおかわりSIMのセット販売がリリースされています。

 

b-mobileのLG G2 miniとおかわりSIMセット

 

こちらがスマホ本体にLG G2 miniと
おかわりSIMのセット販売となります。

初期費用として、LG G2 miniの代金と
SIMカードの代金を合わせて27,593円必要になります。

 

これで、おかわりSIMが利用できるわけですが
おかわりSIMの料金プランとして

 

おかわりSIMの5段階料金プラン

 

このように、5段階にわかれていることがポイントですね。

月額料金は、あなたが実際に使った通信量に応じて確定
翌月の初日に課金されるシステムとなります。

 

例えばあなたが3GBのデータ通信量を使った場合
翌月の初日に1,000円が課金されるわけですね。

また、実際に利用したデータ通信量は
会員専用のページで確認することもできます。

 

上限が定められていて、月5GBまでで1,500円
月5GBを超えると、速度が200kbpsに制限されます。

言い方を変えると、月1,500円以上はかかりません(笑)

 

音声通話付きのSIMではなく、データ通信専用ですので
メインのスマートフォンで利用するのはちょっと厳しい・・
かもわかりませんが

ガラケーとの2台持ち
通話はガラケー、スマホではアプリを使いたい場合

 

あるいは、子供専用のスマートフォンとして
ちょっと基本料金はかかりますが、LaLa Callや050plusなど
050の番号を取得してIP電話を活用する

そんな使い方は検討材料かもわかりませんね。

 

端末のLG G2 miniも、どちらかといえば初心者向けです。

⇒ LG G2 miniのスペックなどはこちらの記事で

 

何しろ、高速通信を5GBまで使い切って1,500円
それ以上の課金はありませんので、子供用など
ついつい使いすぎの心配が必要なくなるかもわかりません。

 

b-mobileもNTTドコモの回線を借り受けていますので
ドコモのエリアで使えることもメリットのひとつです。

 

もうひとつ、こちらはスマホではなくWi-Fiルーターですが

 

b-mobileのおかわりSIMWi-Fiセット

 

Wi-Fiルーターと、おかわりSIMのセットも販売されています。

出先でパソコンやタブレットを利用する場合
補助的にネット接続が安く使えるのかな?というところでしょうか。

 

以上が、b-mobileのLG G2 miniおかわりSIMセット販売

ガラケーとの2台持ちや、子供専用のスマートフォンなど
通信量も料金も上限が設定されていますので
使いすぎを心配することのないプランだといえますかね(笑)

 

詳しい内容は、b-mobileホームページでご確認ください。

(LG G2 miniは販売終了となっています。)

コメントを残す