mineo(マイネオ)ドコモスマホ格安SIM乗り換えが人気のMVNO

マイネオ格安シムNTTドコモとau回線2社の格安SIMを販売しているmineo(マイネオ)
関西電力グループ、ケイ・オプティコムが運営しています。

ドコモ端末へのシム差し替えが人気となっています。
SIMを差し替えて使える端末の数は業界最大級ですよ。

 

マイネオ料金

 

マイネオではNTTドコモ回線用と

au回線用の格安SIMを販売していますので
それぞれ月額料金が変わってきます。

ここ、間違いやすいですからまず料金プランをまとめてみます。

 

ドコモプラン(Dプラン)のSIM料金
シングルタイプ(データSIM)

 

500MB・・700円

1GB・・800円
3GB・・900円

5GB・・1,580円
10GB・・2,520円

20GB・・3,980円
30GB・・5,900円

 

デュアルタイプ(音声通話SIM)

 

500MB・・1,400円

1GB・・1,500円
3GB・・1,600円

5GB・・2,280円
10GB・・3,220円

20GB・・4,680円
30GB・・6,600円

 

auプラン(Aプラン)のSIM料金
シングルタイプ(データSIM)

 

500MB・・700円

1GB・・800円
3GB・・900円

5GB・・1,580円
10GB・・2,520円

20GB・・3,980円
30GB・・5,900円

 

デュアルタイプ(音声通話SIM)

 

500MB・・1,310円

1GB・・1,410円
3GB・・1,510円

5GB・・2,190円
10GB・・3,130円

20GB・・4,590円
30GB・・6,510円

月単位でのプラン変更は可能となっています。

 

 

デュアルタイプは通話料として、別途30秒で20円の従量制ですが
専用アプリマイネオでんわのオプションとして

 

マイネオでんわアプリ

 

月額850円で10分以内の国内通話かけ放題も用意されています。

 

マイネオでんわ10分かけ放題

 

IP電話アプリのLaLa Callも
ケイ・オプティコムが運営していますので

通常、基本料金が100円/月必要になりますが
mineoユーザーには無料で利用できます。

(アプリ同士の通話料は無料ですが、その他は別途必要になります。)

 

マイネオで販売中のスマートフォンは

 

ASUS ZenFone 4/セルフィープロ/Max

富士通 arrows M04

ファーウェイ P10/lite
ファーウェイ nova/lite

ASUS ZenFone 3
ASUS ZenFone 3レーザー
ASUS ZenFone Go

 

富士通 ARROWS M03
HUAWEI P9lite

 

マイネオのノバライト

(コスパに優れたファーウェイ nova liteです。)

 

富士通 arrows M04も追加
人気のP10ライトも選択肢に加わっています。

セット販売のスマートフォンも拡充されていますが
マイネオならやはりドコモスマホへのSIM差し替えで

検討してみたいMVNOだといえるでしょう。

 

初期費用として契約事務手数料が3,000円必要となります。
18歳未満の方は申し込みができません。

 

最低利用期間は設定されていませんが(撤廃)

ただし、利用開始月の翌月から12ヶ月以内に
他社へMNPで転出した場合、手数料が11,500円必要になります。

ですので、MNPで乗り換える場合は
少なくとも1年間の継続利用は考えておきたいですね。

 

マイネオ申し込みはこちら以上がマイネオのSIM料金とスマートフォン
期間限定のキャンペーン情報となります。

ユーザー同士で余った通信量を分け合うフリータンクなど
独自のユニークなサービスがあることもmineoの特長ですね。

詳しくはマイネオホームページでご確認ください。

⇒ mineoはドコモ端末もau端末も使える!だから今のスマホをそのまま安く

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す