mineo(マイネオ)ドコモ/au/ソフトバンク回線用の格安SIM販売中

マイネオNTTドコモとau回線用の格安SIMを販売しているmineo(マイネオ)

関西電力グループのオプテージが運営しています。
(ケイ・オプティコムからオプテージに社名変更)

2018年9月4日よりソフトバンク回線用のSIMも販売開始
SIMの差し替えで古くから人気のあるMVNOですね。

マイネオ料金プラン

マイネオ料金

マイネオではNTTドコモ回線用とau回線用の格安SIMを
販売していますのでそれぞれ月額利用料が違ってきます。

さらにソフトバンク回線用のSIMも販売開始
ここ、間違いやすいですからまず料金プランからまとめてみます。

auプラン(Aプラン)のSIM料金

シングルタイプ(データSIM)

500MB・・700円

3GB・・900円

5GB・・1,580円

10GB・・2,520円

20GB・・3,980円

30GB・・5,900円

デュアルタイプ(音声通話SIM)

500MB・・1,310円

3GB・・1,510円

5GB・・2,190円

10GB・・3,130円

20GB・・4,590円

30GB・・6,510円

ドコモプラン(Dプラン)のSIM料金

シングルタイプ(データSIM)

500MB・・700円

3GB・・900円

5GB・・1,580円

10GB・・2,520円

20GB・・3,980円

30GB・・5,900円

デュアルタイプ(音声通話SIM)

500MB・・1,400円

3GB・・1,600円

5GB・・2,280円

10GB・・3,220円

20GB・・4,680円

30GB・・6,600円

ソフトバンクプラン(Sプラン)のSIM料金

シングルタイプ(データSIM)

500MB・・790円

3GB・・990円

5GB・・1,670円

10GB・・2,610円

20GB・・4,070円

30GB・・5,990円

デュアルタイプ(音声通話SIM)

500MB・・1,750円

3GB・・1,950円

5GB・・2,630円

10GB・・3,570円

20GB・・5,030円

30GB・・6,950円

月単位でのプラン変更は可能となっています。

マイネオ通話料

デュアルタイプは通話料として別途30秒で20円の従量制ですが
専用アプリマイネオでんわのオプションとして

マイネオでんわアプリ

月額850円のオプションで
10分以内の国内通話かけ放題も用意されています。

マイネオでんわ10分かけ放題

IP電話アプリのLaLa Callもオプテージが運営していますので

基本料金が100円/月必要になりますが
mineoユーザーなら100円分の無料通話付き

ララコール同士なら通話料無料で使えますよ。

マイネオでセット販売のスマートフォン

ZenFone Max Pro (M2)

AQUOS zero SH-M10

ファーウェイ nova lite3

AQUOS R2 compact SH-M09

ZenFone Live (L1)

富士通 arrows M04

マイネオスマートフォン

(日本製アローズM04)

セット販売のスマートフォンも用意されていますが
マイネオならやはりSIMの差し替えで

今使っている端末をそのまま使いたいあなたに
おすすめMVNOだといえるでしょう。

マイネオ初期費用

初期費用として契約事務手数料が3,000円必要となります。
18歳未満の方は申し込みができません。

最低利用期間は設定されていませんが(撤廃)

ただし、利用開始月の翌月から12ヶ月以内に
他社へMNPで転出した場合手数料が11,500円必要になります。

ですので、MNPで乗り換える場合は
少なくとも1年間の継続利用は考えておきたいですね。

まとめ

マイネオ申し込み

古くからSIMの切り替えで人気のあるマイネオ
今使っているアイフォンへのSIM差し替えで検討材料でしょう。

ユーザー同士で余った通信量を分け合うフリータンクなど
独自のユニークなサービスがあることもmineoの特長です。

詳しくはマイネオホームページでチェックしてください。

⇒ mineoはドコモ端末もau端末も使える!だから今のスマホをそのまま安く

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す