DMM mobileでSIM料金プランが追加(2015年7月)

(2016年3月 追記)

DMM mobileでは2016年4月より
新しい料金プランが適用されるようになっています。

3月時点での料金プランやスマートフォンなど
こちらの記事にまとめてみましたのでご参照ください。

 

料金プランの豊富なDMM mobileですが
またまた新しいSIMが3種類加わったようですね。

ライト・15GB・20GBのSIMが新設されました。
各SIMの月額料金を再度まとめてみます。

 

しかし、これだけあるとますます迷いそうですが(笑)
DMM mobileのSIM料金プランですね。

 

データ通信専用SIMの料金プラン(月額)

 

ライト・・440円

1GB・・630円

2GB・・770円

3GB・・850円

5GB・・1,270円

7GB・・1,880円

8GB・・2,140円

10GB・・2,250円

15GB・・4,570円

20GB・・6,090円

 

SMS機能が必要な場合には、別途オプションで150円/月

音声通話付きSIMを希望する場合は(MNPなど)
上記金額にそれぞれ700円の上乗せとなります。

(1GBの通話SIMは630円上乗せで1,260円ですが)

 

8GB以上のSIMはシェアコース

3枚までSIMカードが購入可能で
家族間でデータ通信量を分け合うこともできますね。

 

今回新たに加わったのは、ライト・15GB・20GB

最安値はライトの440円となっていますが
通信速度が200kbpsとなっています。

 

ですので、ちょっとネット接続が使いにくいと思います。

200kbpsでは、高速データ通信量を使い切って
制限がかかった速度となりますので

私はおすすめしません。やはり高速通信付きSIMがいいと思います。

 

私の場合ですが、パソコン、スマホなどほとんどすべて
ネット接続はWi-Fiを利用していますので

 

私が使っているWiMAX2+のHWD15
(WiMAX2+のHWD15でこの記事も書いています。)

 

つまり、SIM側の通信量はほとんど必要ないわけですが
それでも、ライトは選択しません。

万一の場合や、急遽の場合も想定しておいて
やはり高速通信ができるSIMを購入すると思います。

 

ですので、あなたがWi-Fiをメインに使っているなら1GB
手ごろな通信量でおすすめなのは3GB

10GBあたりを家族で分け合うのも
使い方によってはお得になるかもわかりませんね。

 

ドコモの端末や白ロムの場合
SIMが適合すれば、本体そのままで利用できますから

毎月のスマホ料金が節約できる可能性大ですね。

 

また、DMM mobileではスマホとSIMのセット販売もありますので

SIMプランがたくさんあって大変ですが
(スマホ本体も豊富に用意されています(笑))

まず、シュミレーションからはじめてみましょう。

コメントを残す