ハンコ押すために出社からGMO電子印鑑Agreeに切り替えるメリットは

GMO電子印鑑アグリー新型コロナの影響でテレワーク、リモートワークが推奨
感染拡大を防ぐためにも重要な対策となっています。

ただ、ハンコを押すだけのために出社しなくてはいけない
ケースがまだまだあるようで物議をかもしていますね。

そこで登場したのがGMO電子印鑑Agree(アグリー)となります。

GMO電子印鑑Agreeとは

アグリーメリット

GMO電子印鑑Agreeは署名者の本人性を担保する方式として
電子サインと電子署名の2つの署名タイプが使えます。

あらゆる文書で利用することが可能となっています。

法的効力がある確実なクラウド電子契約

つまり、GMO電子印鑑Agreeを使うことで
契約手続きがオンラインで完結しちゃうわけですね。

数分程度あれば契約締結できますから
わざわざ押印のためだけに出社する必要はありません。

また、同じような契約を大量に取り交わすようなケースでも
テンプレート機能や一括送信で効率よく契約締結ができます。

さらに、紙ベースの契約を電子契約に変えることで

印紙代や郵送費、印刷・製本・送付・保管など
コストカットや事務作業の手間も省けちゃうわけですね。

締結した契約書データは自動的にクラウドに保管

Agreeの管理画面上で可視化できるので
締結漏れの防止やステータス管理も簡単にできます。

契約締結後の更新や解約処理といった定期的な業務も
リマインド通知機能により手軽に管理することが可能です。

従来までの紙の契約書に押印から電子印鑑に切り替えることで
このようなメリットが得られるわけですね。

GMO電子印鑑Agree料金

アグリー料金

Agreeにはビジネスとスタンダードが用意され
ビジネスは月額20,000円と従量300円/送信

初期費用は0円で利用できます。

スタンダードは月額10,000円と従量100円/送信
こちらも初期費用は0円で利用できます。

スタンダード1年間無償提供

アグリー1年無料

GMOでは現在テレワークを支援するという取り組のもと
スタンダードを1年無償で提供しているんですね。

無償提供期間は2020年4月17日~2021年4月30日
2020年5月31日18時までの申し込みで適用されます。

法的に有効な電子契約サービスが1年無償で利用できますよ。

テレワークに移行したいものの
押印のために出社する必要のある経営者や担当者は

Agreeの1年無償プランを試してみるといかがでしょうね。

Agree申し込み方法は

AgreeはWEBからの問い合わせ、申し込みも可能ですが
より詳しく内容を掴んでおきたいというニーズにこたえるため

WEBからの無料資料請求にも対応しています。

いずれか希望の方法を選べるようになっていますが
まず資料を請求して確認してみるとわかりやすいでしょうかね。

⇒ GMO電子印鑑Agree資料請求

まとめ

アグリー資料請求

新型コロナの影響でテレワークが急激に拡大
これからの新しい働き方として注目を集めています。

社員の通勤時間短縮や満員電車を避けるためにも
コロナ終息後も普及は進むことでしょう。

ひとつ大きなネックとなっているのが紙ベースへの押印
わざわざハンコを押すだけのために出社など面倒ですよね。

電子印鑑に切り替えるとすべてオンラインで完結するので出社不要に
コストカットや煩雑な事務処理削減にもつながります。

GME電子印鑑Agreeスタンダードは1年無償で使えますので
まず資料請求からはじめてみるといかがでしょうかね。

詳しくはAgreeホームページで確認してください。

⇒ 電子契約の電子署名・サインは「GMO電子印鑑Agree」

(運営元:GMOクラウド株式会社)
(予告なく変更や終了になる場合もあります。)

コメントを残す