格安スマホ|光熱費節約|仮想通貨情報など
ジャパン電力

ジャパン電力太陽光発電初期費用0円ソーラーリーシングとは

ジャパン電力ソーラーリーシングは申し込み受付が終了となりました。

現在稼働中の太陽光パネル0円設置は
ほっとでんきサニックスなどありますのでチェックしてくださいね

Japan電力ソーラーリーシング

ソーラーリーシングとは

アンフィニ株式会社が運営しているジャパン電力では
初期費用ゼロで太陽光発電設置のサービスを行っています。

これはソーラーリーシングといって
設置から10年はジャパン電力の所有となりますが

10年後はあなたに無償で譲渡されるシステムです。

太陽光発電を設置しているお宅や企業も増えていますが
やはり導入するネックとしては初期費用が挙げられるでしょう。

太陽光パネルを無料で設置

ソーラーリーシング太陽光発電0円

国や市町村から補助はあったとしても
費用に関してはやはり考えちゃうことも本音ですよね。

ジャパン電力ではこの部分を解消するために
設置に関する初期費用や太陽光パネルのメンテナンス費用など

すべて負担して設置するサービスをはじめたわけですね。

ソーラーリーシングの条件は

ソーラーリーシング申し込み条件

ジャパン電力との契約がまず条件となっています。
ジャパン電力から電気を購入するようになるわけですね。

特別価格で購入できますので電気代の節約ができるかも

さらに、屋根を貸している期間(10年)は
太陽光の総発電量の最大7%を還元

10年目以降は無償で譲渡となります。
また、10年目以降の余剰電力の買い取りも保証しています。

ジャパン電力から電気を購入

条件としてはジャパン電力と契約して
特別価格で電気を買うことくらいですね。

概算として電気代を月10,000円程度使うお宅で
5KWの太陽光発電システムを設置したとすると

・ジャパン電力による電気料金削減・・500円/月

・発電量の一部の無償提供・・1.000円/月

合わせて月1,500円程度電気代が安くなる見込みです。

ジャパン電力電気代

で、10年後は太陽光発電が譲渡されますので
さらに安く電気が使えることも見込めますよね。

Japan電力と契約するためには

ジャパン電力契約

まず、対象となる屋根の面積が条件となります。
4KW以上のパネルが設置できる面積(約35㎡)が必要になります。

10年間はジャパン電力との契約が必須で

途中解約すると太陽光発電設備の買い取り
あるいは撤去費用の負担が生じます。

1983年以降に建てられたお宅であることが条件で
パネルの設置面が北側以外で取り付けられること

ベストなのは南側にすべて取り付けられることですが
東西の屋根でも審査に通れば設置は可能となっています。

どうしても北側だと日照不足となり
発電量が落ちちゃうので難しいわけですね。

あと、積雪とか風速、海岸からの距離など
ジャパン電力の設置基準を満たしているお宅が対象です。

取り付け後に万一の故障とか雨漏りなど生じた場合
10年間はジャパン電力が無償で修理を行います。

ソーラーリーシングのデメリットは

10年後は無償で譲渡されるわけですが
その際に周辺機器などメンテナンスが必要になる場合があります。

ジャパン電力が特別価格で請け負っていますが
譲渡後のメンテナンス費用はあなたの負担となります。

また、契約満了後に太陽光パネルが不要になった場合も
撤去費用はあなたの負担となりますので把握しておいてください。

太陽光パネル設置までの流れ

ジャパン電力見積もり

まずWEBから問い合わせでお宅の屋根の情報を提供
調査結果に基づいて電気料金削減効果の提案

ジャパン電力側で屋根の状況を現地調査の後
合格すれば申込書に記入、返送で契約となります。

ジャパン電力調査依頼

まとめ

ジャパン電力ホームページ

ジャパン電力は国内最大級の生産工場を有するパネルメーカーです。
全国での電力販売実績を備えた小売電気事業者でもあります。

自社100%にて設計・提案・供給を行うことができる
全国的に見ても数少ないパイオニアとなっているんですね。

初期費用ゼロでお宅の屋根に太陽光パネルがつきますから
ご近所にも胸を張って自慢してすすめてくださいね!

まず無料調査依頼からのスタートとなっています。

(ジャパン電力ソーラーリーシングは申し込み受付が終了となっています。)

ジャパン電力
最新情報をチェックしよう!