NO IMAGE

データ通信専用SIMとIP電話アプリの組み合わせってメリットあるかな

IP電話とデータSIMでスマホ代を節約する方法電話番号のついていないスマートフォンについて(笑
こちらの記事にまとめてみましたのが

データ通信専用のSIMを契約してIP電話を使うと
音声通話SIMを契約しなくてもアプリ同士でお話ができる

メリットやデメリットはどうなってる?

データ通信専用SIMとは

格安SIM

格安スマホMVNOの特長として
データ通信だけができるSIMを契約することもできます。

(一部契約できないMVNOもあるけどね)

データSIMなら音声通話SIMより安いことがメリット
ただし、090/080/070の電話番号でお話ができないわけです。

ですが、データ通信専用のSIM契約で
LINEやスカイプなどIP電話アプリを使うことができるんですね。

(SMSでの認証は必要になりますよ。)

アプリの無料通話サービスを使えば
データ通信専用SIMでもアプリ同士でお話しすることが可能です。

大人にはちょっと考えにくい使い方ですが

子供用のスマホなどさらに料金が節約できて
ひとつの選択肢として知っておくとよいでしょうかね。

データSIMとIP電話のメリット・デメリット

メリットしてはスマホがより安く使えること

デメリットとしては通話品質

インターネット回線を利用して通話をしますので
電話網の回線と比べて通話品質は劣る恐れがあります。

つながりにくかったり途中で途切れたりなど
これは想定しておかければなりません。

また、110番や119番などの緊急通報にかけられませんので

万一の場合など考えてみると
ちょっと心もとない部分はあるのかもわかりません。

IP電話ですのでパケット通信を使いますから
長時間話したいなら大きめのデータ容量が必要になるかも

不足しない程度のデータ容量で契約しておきたいですね。

まぁ最近では音声通話SIMの料金も安くなってきて
オプションでかけ放題サービスも充実してきていますから

データ通信限定のSIMは需要が減ってきていますが
IP電話アプリと組み合わせて使う方法もあるということです。

今使っている電話番号をそのまま引き継ぎたい場合は
MNPを利用して音声通話SIMで契約するようになりますよ。

まとめ

格安スマホMVNOではデータ通信専用のSIMを契約することも可能で
IP電話アプリを使うとアプリ同士で通話もできること

ただし通話品質に難があったり緊急電話がかけられなかったり
デメリットもありますからひとつの参考材料としてみるとよいでしょうね。

一般的には音声通話SIMでの契約が主流です。

⇒ 当サイトのインフォメーションはこちら

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!