データ通信専用SIMとIP電話の組み合わせ

IP電話とデータSIMでスマホ代を節約する方法電話番号のついていないスマートフォンについて(笑)
こちらの記事にまとめてみましたのが

データ通信専用のSIMを契約して、IP電話を使うと
通話のできる格安SIMの使い方も考えられますね。

 

ちょっと抽象的になりましたが(笑)
電話番号のついていないスマートフォンとは

データ通信専用のSIM契約で
LINEやスカイプなど、IP電話の無料通話を使う方法でした。

(SMSでの認証は必要になりますね。)

 

大人にはちょっと考えにくい使い方ですが
子供用のスマホなど、さらに料金が節約できて
あるいは先々増えてくるかもわかりませんよ。

 

この、データ通信専用SIMと、別途IP電話を契約すると
090/080の電話番号を持っていなくても

050の番号から、固定電話やスマートフォンに
電話をかけることも可能になりますね。

 

メリットしては、スマホ料金が安く使えることですね。

 

例えば、DMM mobileのデータ通信専用SIMは月1GBで630円
SMS機能も付け加えると、オプションで150円/月
ですので、合わせて780円が月の基本料金となります。

 

別途050plusに申し込むと、月の基本料金が300円
ですのであわせると、月額1,080円となりますね。

 

LaLa Callの場合、月の基本料金が100円
(mineoユーザーなら基本料金無料です。)

 

補足事項として、一般的にIP電話は、申し込み時にSMSでの認証
または電話での本人確信が必須となっています。

その他、メールアドレスも必要で
あなた名義のクレジットカード決済のみとなっています。

 

この料金で、050の電話番号が取得できますから
データ通信専用のSIMでも電話がかけられます。

 

通話料も、一般の格安スマホより安く

固定電話への通話・・3分8円
携帯電話・スマートフォンへの通話・・1分16円

そして、アプリ同士なら24時間無料ですので
通話料の節約にもつながるんじゃないでしょうか。

 

ドコモのスマートフォンか白ロムを持っている場合
SIMが適合すれば、本体はそのまま使えますので

月1,000円ちょっとの基本料金で、050の番号が使えて
固定電話やスマートフォンへの通話料も安く利用できます。

 

デメリットとしては、IP電話の通話品質

 

インターネット回線を利用して通話をしますので
電話網の回線と比べて、通話品質は劣る恐れがあります。

つながりにくかったり、途中で途切れたり
これは想定しておかければなりません。

 

また、110番や119番などの緊急通報にかけられませんので
万一の場合など考えてみると
ちょっと心もとない部分はあるのかもわかりません。

 

IP電話ですので、パケット通信を使いますから
長電話を頻繁にするあなたは(笑)
月1GBの通信量では不足かもわかりません。

その場合は3GBなど、容量の大きいSIM契約になりますので
若干基本料金も高くなってきます。

 

050plusを活用して痛量を節約以上のように、メリット・デメリットはありますが
月1,000円くらいの基本料金からスマホが使えて

IP電話ですが、050の番号から発信・受信も可能で
通話料もお得になると面白いんじゃないでしょうか(笑)

 

LINEやスカイプの無料通話と組み合わせて
格安スマホを爆安スマホで使えるかも分かりませんね。

(料金・価格は消費税抜きで表示しています。)

コメントを残す