2019年11月より順次固定価格買取制度期間が終了・・卒FITする?

タイナビ蓄電池太陽光発電を設置しているお宅はよくご存じだと思いますが
余った電気は電力会社が買い取ってくれていますよね。

太陽光発電で作った電気はまず自分の家で使い

余った電気は国が定めた固定価格買取制度(FIT)で
大手電力へ売電されていたわけですが

2019年11月より買い取り期間の終了するお宅が順次でてきます。

卒FITとは

「じゃあどうする?」ということで注目されているのが
家庭用蓄電池の設置となっているんですね。

国は太陽光発電の設置を推進するために余剰電力を
固定価格買取制度(FIT)で売電できる制度を作りました。

設置費用を早く回収できることからこのFITの導入で
太陽光発電を取り付けるお宅や企業が増えたわけです。

10年間は買い取り価格が固定で保証されてきたわけですが
2019年11月より買い取り期間の終了を迎える家庭や企業が順次でてきます。

FIT終了

2019年だけでも53万件って言われているんですよね。

家庭用蓄電池に注目

そこで注目されているのが家庭用蓄電池の設置

つまり売電をやめて余った電気は蓄電池に貯めておいて
自分の家で使っちゃおうという考え方ですね。

これを「卒FIT」「アフターFIT」などといわれています。

政府も家庭用蓄電池の設置を推奨していて
国や一部の自治体から補助金が出ることも決まっています。

とはいっても蓄電池の設置にかかる費用は必要ですし
どれを選べばいいの?って迷っちゃうし

何しろ今まで触ったことがない商品ですからわかりにくく
ちょっと躊躇しちゃう・・のが本音じゃないでしょうか。

タイナビ蓄電池とは

そこで使ってみたいのがタイナビ蓄電池

タイナビ蓄電池とは最大5社から無料で見積りがとれる
全国初の蓄電池の見積比較サイトとなっているんです。

売電価格の低下や電力会社の買取に制限をかけたりなど
これからは電気は売る時代から貯める時代に移行するということで

太陽光発電を設置しているお宅には今後
蓄電池の導入は考えざるを得ない時代になるということ

とはいってもこれまでなじみがなかったわけですから
どんな商品でどれくらいに値段でどんな工事が必要など

まず無料で見積もりができるサービスをはじめたわけですね。

最大5社を比較して検討できますので
全く情報がない場合と比べて考えると

使ってみて損はないサービスだといえるでしょう。

蓄電池といえば高価なイメージがありますが
昔と比べて導入費用は下がってきています。

加えて国や一部の地方自治体方から補助金が交付されますから
設置が促進されるような政策も取られているんですね。

参考までに2019年国からの補助金制度は

災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業補助金

補助対象事業:下記の要件を満たす事業を対象とする

・太陽光発電(10kW未満)設備併用(既設・新設不問 太陽光発電設備は補助対象外)

・節電要請窓口が提供するサービスへの加入・登録、または節電要請時への対応への同意

・災害時のグリーンモード運転

・災害時の対応報告

予算・・38.5億円

一部の地方自治体からも補助金が交付されていて
例えば東京都なら最大で60万円

国の補助金との併用も可能ですから活用してみたいですよね。



非常時の電源確保にも

もうひとつ、蓄電池のメリットして非常用電源の確保
停電の際に蓄電池に貯めた電気を利用することができます。

万一自然災害に見舞われたときなど蓄電池が
あなたや家族を救うライフラインとなるかもわかりませんね。

なお、卒FIT後も電力会社へ売電する方法もあります。

電力会社によって買い取り価格は変わってきますが
5円~12円/KWh程度の価格で買い取ってくれるようにはなっています。

また、新電力に売電するという選択肢もあります。

まとめ

タイナビ蓄電池見積もり

あなたのお宅がFITの売電期間が終了したにもかかわらず

蓄電池も導入しない、電力会社へも売電しない
新電力へも売電しないと買い取り先のない余剰電力は

そのまま大手電力会社が無料での引き取りとなっちゃうんですね・・

売電収入はなくなりますからしっかり対策をとることが大切

家庭用蓄電池の取り付けを考えてみたいあなたは
タイナビ蓄電池での無料見積もりがおすすめですよ。

⇒ 【タイナビ蓄電池】全国優良業者、見積比較サイトはこちら

(運営元:株式会社グッドフェローズ)

コメントを残す