【2018年夏版】格安スマホのメリットは?デメリットはあるのかな?

格安スマホメリット・デメリット格安スマホというフレーズも一般的に認知されてきて
キャリアから乗り換えるユーザーも増えてきています。

格安スマホのメリットやデメリットなども
契約前にきちんと把握しておきたいですよね。

格安スマホのメリットとデメリットをまとめてみると

 

格安スマホのメリット

 

格安スマホメリット

 

毎月のスマホ代が安くなる

 

まぁ当然なのですが、格安スマホ最大のメリットとしては

毎月のスマホ代が安くなること
ここに尽きるといっても過言ではありません。

スマホ代を節約するために
格安スマホに乗り換えるわけですよね。

 

キャリアでスマートフォンを契約すると、少なくとも
月に6,500円~7,000円程度はかかっちゃう・・

しかし格安スマホなら、端末代金とSIMをあわせても
3,000円程度の基本料金で、スマホを持つことが可能になります。

 

最近では、格安スマホに押されていますからキャリア各社でも
色々な料金プランやサービスを打ち出してきていますが

それでも格安スマホのほうが料金的には安く使えるでしょう。
使っている方はよくお分かりだと思います。

 

これまでは、携帯事業は大手3キャリア
NTTドコモ/ソフトバンク/auがメインでしたが

格安スマホはMVNOとして携帯事業に参入してきました。

 

MVNOとは仮想移動体通信事業者
Mobile Virtual Network Operatorの略となります。

キャリアから回線を借り受けて、通信サービス事業を行っています。

 

ちなみに現在では、NTTドコモから
回線を借り受けているMVNOがもっとも多いです。

MVNOではないのですがソフトバンク系列のワイモバイル
KDDI系列のUQモバイルも格安スマホの一端となっています。

 

月に7,000円程度かかっているスマホ料金を
3,000円程度に抑えることができれば

年間で考えるとかなりの節約につながるといえるでしょう。
子供用やシニアの方のスマートフォンにも使いやすいですよね。

 

データSIMまたは音声通話SIMから選択できる

 

これまではキャリアのお店へ行って
アイフォンなどの端末とSIMをセットで購入するのが

一般的なスマホの買い方でしたが
(SIMはショップのおねえさんが差してくれてたんですね)

 

格安スマホMVNOではSIMだけを買って
今あなたが使っている端末に差し替えて使うことができたり

データ通信だけができるSIMや
090/080の電話番号で音声通話もできるSIMを

選択して購入することもできるようになりますよ。

 

まぁ携帯電話ですから音声通話付きのSIMが一般的ですが

たとえば家に使っていないスマホがあるようなら
データ通信専用のSIMを買ってLINE専用とか

ガラケーとの2台持ちでアプリ専用に使うとか
色々と使いみちを考えることもできるわけですよ。

 

実際、iphoneユーザーがSIMのみを差し替えて
使っているケースも増えてきていますから

工夫するとスマホ代がより安くなるかもしれませんね。

 

契約期間の縛りが短いケースが多い

 

キャリアでスマートフォンを契約すると
一般的に、最低利用期間が2年間

いわゆる、2年縛りの契約が条件となりますね。
途中解約には違約金が発生します。

 

格安スマホの場合、MVNOによって違いはありますが
この契約期間の縛りが短いケースが多いです。

音声通話付きSIMの場合、縛りが長くても12ヶ月

データ通信専用のSIMなら契約期間の縛りがない
ケースもありますのでより気楽に使いやすくなっているんです。

 

ただし、前述したワイモバイルやUQモバイルは
キャリアと同じ2年縛りが割引の条件となっていますから

MVNOによって違いはあるので契約前に確認しておきましょう。

 

電話番号そのまま引き継いで使える(MNP)

 

格安スマホへ乗り換えてスマホ代を節約したいものの
電話番号が変わっちゃうとちょっと躊躇しますよね・・

ですが、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用すると
今あなたが使っている090/080の電話番号を

そのまま引き継いで利用することができます。

 

MNPを利用するためにはまず予約番号の取得
予約番号も電話で簡単に取得することができますから

手間もかからず手続きも簡単に行えますよ。

⇒ MNPのやり方についてはこちらの記事で

 

SIMフリースマートフォンの性能もアップ

 

格安・・というフレーズが付くと、スマートフォン本体の
性能もちょっと貧弱・・どうしてもこんなイメージがあります。

もちろん価格によってスペックや機能が違ってきますが
2018年現在販売されているスマートフォンには

安い価格ながら機能が充実している端末も増えてきているんですね。

 

例えば、2018年6月15日発売のファーウェイ P20 lite(ライト)

 

P20ライト

 

超ワイドスクリーン高性能ディスプレイ
メインカメラにダブルレンズを搭載

指紋認証に加えて顔認証機能も装備など
2万円台の価格帯でまずまずのスペックとなっています。

 

もう少し予算と高くできるならASUS ZenFone 5

 

ゼンフォン5

 

逆に1万円台のスマホもありますから
あなたや家族のニーズに合わせて機種が選びやすくなっています。

 

格安スマホのデメリット

 

格安スマホデメリット

 

キャリアのメールアドレスが利用できない

 

例えば、DMMモバイルを例にあげてみると

DMMモバイルではNTTドコモの回線を借りて
サービスを提供していますが

あなたがドコモからDMMモバイルのSIMに乗り換えた場合
ドコモのメールアドレスは利用できなくなります。

つまり、ドコモは解約となっちゃうわけですね。

 

ですので、格安スマホではGmailやヤフーメールなどの
フリーメールを利用することが基本となってきます。

もちろん、メールアドレスが付与される
プロバイダもありますからそちらを使ってもよいですよ。

 

SIMフリースマホは、OSにアンドロイドがほとんどですから
Gmailの利用は必須だともいえるでしょうね。

この先さらに、他社のSIMを利用するケースも考えておくと
Gmailでアカウントを作成しておけば手間がかかりませんね。

 

MNPで乗り換える場合、ひとつの方法として

キャリアアドレスが利用できるうちに
Gmailのメールアドレスを取得しておいて

キャリアアドレスから、Gmailのアドレスを
先にアナウンスしてく方法もありますね。

 

そうすると、格安スマホの乗り換えた後
アドレスの変更告知の手間が省けるかもわかりません。

 

ショップでのアフターやサービスが利用できない

 

これも前述のメールアドレスの件と同じ理屈です。

例えばNTTドコモからDMMモバイルに乗り換えると

ドコモは解約となりますので
ショップでのアフターやサービスが対象外となります。

ポイントや継続利用期間なども終了となります。

 

キャリアでは、日本全国でショップを展開していて

何かの時には便利に利用できますが
ショップの人件費、経費などは当然料金に跳ね返ってきます。

 

格安スマホMVNOでは、ショップはほとんど持たず

ホームページからの契約やアフターがメインですので
その分コストを抑えることができるので

料金面で安く、スマートフォンが提供できるわけですね。

 

また、回線を借り受けているので
メンテや整備にコストがかかりませんから

安い一因はここにもあるんですけどね。

 

通話料に別途30秒で20円必要になる

 

格安スマホがはじまった当初は、通話料が高い・・
ここがデメリットに挙げられましたが

通話料に関してはかなり解消されています。

 

前述したワイモバイルやUQモバイルでは
通話料も込みで利用できるプランが主流に

そしてほとんどのMVNOで、アプリをインストールして
アプリから電話をかけることで通話料が半額に

さらに、月額800円前後の料金で
かけ放題のオプションも用意されています。

 

その他、LINEの無料通話やスカイプなど
IP電話アプリも併用して使っていくと

通話料はかなり節約できるように改善されていますね。

 

格安スマホメリットデメリットまとめ

 

以上、管理人が考える格安スマホのメリット
そしてデメリットをまとめてみました。

大切なことはあなたと家族の使い方を見直してみて

無駄がないか?必要のないところにお金を払っていないか?など
一度しっかり考えてみることがおすすめですよ。

(料金・価格は税抜きで表示しています。)

コメントを残す