格安スマホの鍵は通話料の節約!アプリの活用が大切ですよ

格安スマホでは通話料をどう節約するかがポイントになりますね格安スマホMVNO各社では一般的に
通話料として別途30秒で20円の従量制となります。

あなたが格安スマホで通信費を削減するためには
いかにして通話料を節約するか?がキーとなってきますね。

 

格安スマホのメリット・デメリットの記事でも書きましたが
MVNO各社ではほとんど、通話料として別途30秒で20円

あなたが今キャリアのかけ放題のプランでスマホを契約している場合
格安スマホでは、通話料の節約方法がポイントとなります。

 

ひとつの目安の数字として、通話時間が1ヶ月に90分前後までなら
格安スマホの方が安く利用できるケースが多いです。

あなたが、1日3分程度電話を利用する場合ですね。

 

しかし、1日3分以上電話をかける場合には
逆に格安スマホのほうが高くつく場合があります。

この場合は、キャリアの定額かけ放題プランの方がお得かもわかりません。

 

数字はひとつの目安としていただければと思いますが
通話がメインでスマートフォンを利用する場合は
格安スマホが逆に割高になるケースがあるということですね。

 

通話重視の場合、格安スマホの選択肢としてY!mobile
スマホプランSで、月2,980円(税抜)が基本料金(2年間)
10分以内の国内通話が月300回まで無料になりますので

検討材料になるといえるでしょう。

 

さらに、月に1,000円程度上乗せのスーパーだれとでも定額
こちらを契約すると、国内通話が無制限でかけ放題
こんな、定額制のオプションも用意されています。

 

格安スマホはアプリで通話料の節約ができますまた、アプリを活用することも有効になってきますよ。

楽天でんわアプリをダウンロードして
アプリから電話をかけることで半額の30秒10円

 

楽天でんわの場合、契約したMVNO問わず利用できますので
通話料の節約につながると思います。
(もちろん、楽天会員であることなどは条件ですが)

 

さらに楽天モバイルユーザーなら、楽天でんわアプリのオプションで
月額850円で5分以内の国内通話が何度でもかけ放題

このオプションの登場で契約数を多く伸ばしています。

 

その他、他社MVNOでも

BIGLOBE・・BIGLOBEでんわ
U-mobile・・U-CALL
IIJmio・・みおふぉんダイヤル
DMM mobile・・DMMトーク

こんなアプリが用意されていますので、あなたの契約先で
アプリが用意されていればインストールして活用していきましょう。

 

もうひとつNifMoでは、月額1,300円のオプションでNifMoでんわ
国内通話が制限なくかけ放題となります。

 

そして、IP電話アプリも上手に使っていきたいですね。

おなじみなのはLINEの無料通話やスカイプ、Viber
さらに、050の電話番号が取得できるSMARTalkやLaLa Call
050plusなども有効活用して通話料を節約してみましょう。

 

⇒ 格安スマホで使ってみたいIP電話アプリって?

 

ただしIP電話ですので、インターネット回線を利用しますから
一般の電話網(3G)と比較すると、使う場所や時間帯によって
途切れたり、つながりにくかったりする場合もあります。

ここは、デメリットだといえるでしょうかね。

 

家族間とか友人、知人同士なら、多少通話が途切れたりしても
問題ないでしょうから、同じIP電話アプリをインストールして
050の番号から電話をかけると通話料の節約につながるでしょう。

 

あなたが電話を月に90分以上かける場合(目安として)
格安スマホがあるいは割高になるケースがあること

そして、通話料の節約が鍵になるということ

 

あなたが、1ヶ月にそれほどの通話は必要としない
データ通信量も、月3GBあれば問題ない場合には
格安スマホの方が安く使えるケースがほとんど

 

このあたり、あなたのスマホの使い方を一度見直して
格安スマホを検討することが大切ですよ。

コメントを残す