管理人が1番最初に買った格安スマホはイオンスマホでした

イオンスマホ管理人が格安スマホに乗り換えたのは2014年8月
イオンスマホの第2弾が登場したときになります。

(現在はイオンモバイルとなっていますよ。)

それまではiphone4を(約4年)使っていましたが
通信コストを安くしたいと思い乗り換えました(笑)

 

スマートフォンとWi-Fiルーター

 

私はiphone4が発売されてすぐ、ガラケーから乗り換え
およそ4年くらい使っていました。

毎月、大体8,000円くらい支払っていましたね。

 

iphone自体は気に入ってて、使い勝手もよかったですが

ネックとしては、iphone側の通信をほとんど使っていなかった
それでも、毎月パケット使い放題の料金が必要ということでした。

 

右側の4つはWi-Fiのルーターになるのですが

私は、スマートフォンでネットを利用するときは(自宅や事務所でも)
ほとんど安いwifiで接続しますので(笑)

iphone側での通信が必要なかったわけです・・

 

ちなみに、私が使っていたWi-Fiは

ウルトラWi-Fiの007Z(左上)

WiMAXのMobile Slim(右上)

WiMAX2+のWi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD15(左下)

楽天スーパーWiFiのGL04P(右下)

 

今は、007ZとMobile Slimは契約更新月で解約して
HWD15とGL04Pを契約、その後WiMAX 2+のW03も使っています。

 

まぁ、普通ならWi-Fiのルーターはこんなに必要ありませんが(笑)

私の場合は、お客様にデモをしたりするので
商売上の道具にもなっちゃうわけでなんですが

 

ですので「何とかスマートフォンの料金を節約したい」
と思っていたところ

報道で耳に入ってきたのがイオンの格安スマホ
それで、いろいろ考えて乗り換えたわけですね。

 

今使っている端末は、GEANEE FXC-5Aになります。(iphone4右側)

端末代金は、24回分割で月630円(税抜)

SIMはBIGLOBEを利用していますので
データ通信量1GBで1,350円/月(税抜)

ですので、合わせて月1,980円(税抜)が基本料金となりますね。

アイフォン4時代よりすごくコストダウンに成功しました(笑)

 

ただ、GEANEE FXC-5Aという端末は
格安スマホの最初ということもあって

スペック的にも、メインメモリ512Mbps
記録装置が4GBですのでちょっと厳しいですね。

そして、LTEでの高速通信に対応していません。

 

私の場合は、前述したようにWi-Fiを使っていますので
このLTEに対応していない部分は問題なかったですけどね。

要は、Wi-Fi接続に対応していればよかったわけです。

スマホSIM側の通信が必要ないので
最小限の容量で安いほうがいいわけですよ。

 

ちなみに、私がイオンスマホで契約した当時の
BIGLOBEのSIMでは最低利用期間がなかったんですね。

今では音声通話SIMだと最低利用期間がありますが・・

 

現在では、iphone4を使っていたときより
大体月に5,000円くらいは通信コストが安くなりました。

キャリアのスマートフォンから格安スマホに乗り換えると
月々の通信費が安くなることは間違いないと思います。

 

2015年5月時点でイオンスマホとWiMAX2+のHWD15と
楽天スーパーWiFiのGL04P合わせて月に7,500円くらいの支払い

つまり、iphone1台分のコストより安く
スマホとWi-Fiルーター2台分の利用料がまかなえています。

 

2018年春には格安スマホのMVNOもますます増えてきて
各社ユーザーの獲得競争も激しくなってきています。

 

それだけ、ユーザーにとってはより安いサービスや
いい端末が手に入るチャンスだと思いますので

格安スマホ導入の検討は、プラスに働くと思いますよ!

コメントを残す