Android One X3およびS4(2018年1月下旬以降ワイモバイルから)

アンドロイドワンx3ワイモバイルより2018年1月下旬以降
京セラのスマートフォンが2機種販売開始となります。

アンドロイドワンX3とアンドロイドワンS4の2機種ですね。
両者のスペックや特長など比較してみると

 

Android One X3

 

アンドロイドワンX3

 

アンドロイドワンX3は日本製の端末らしく
日本人向けの機能がふんだんのスマートフォンだといえます。

おサイフケータイに対応で

 

アンドロイドワンX3

 

ワンセグテレビや赤外線通信にも対応しています。
防水・防じん機能も装備されて濡れた手でも操作が可能

 

5.2インチのフルHD TFT液晶を搭載で
京セラ独自のハイブリッドシールドディスプレイによって

ガラスが割れにくい丈夫な端末に設計されています。

 

京セラといえばタフな端末づくりでおなじみですが
アンドロイドワンX3も同様だといえるでしょう。

指紋センサーは本体前面に搭載されています。

 

アンドロイドワンX3の基本的なスペックは

 

サイズ:幅72mm×高さ149mm×厚さ8.2mm
重さ:150グラム

OS:アンドロイド8.0
CPU:2.2GHz+1.8GHz オクタコア

 

メインメモリ:3GB
記録装置:32GB

電池容量:2800mAh

 

メインカメラの有効画素数が1300万
サブカメラの有効画素数が800万

カラーバリエーションはブラック/ホワイト/ライトブルー
ワイモバイルから2018年1月25日以降販売開始となっています。

 

スペック的にもまずまずで、普段使いにピッタリの
スマートフォンっていえるでしょうかね。

 

Android One S4

 

アンドロイドワンS4

 

こちらはアンドロイドワンS4
上記X3と比べると下位モデル、弟分だといえるでしょう。

S4も防水・防じん機能と赤外線通信には対応していますが

 

アンドロイドワンS4

 

おサイフケータイとワンセグは非対応となっています。

ですので、おサイフケータイやワンセグが必要ならX3
必要ないなら下位モデルのS4と覚えておくとよいでしょう。

 

5.0インチのフルHD TFT液晶を搭載で
ハイブリッドシールドディスプレイ採用は同じ

S4も丈夫で壊れにくいつくりとなっています。

 

アンドロイドワンS4の基本的なスペックは

 

サイズ:幅72mm×高さ145mm×厚さ8.4mm
重さ:150グラム

OS:アンドロイド8.0
CPU:1.4GHz+1.1GHz オクタコア

 

メインメモリ:3GB
記録装置:32GB

電池容量:2600mAh

 

メインカメラの有効画素数が1300万
サブカメラの有効画素数が500万

スペック的に見てもX3の弟分だといえるでしょう。

 

カラーバリエーションはブラウンブラック/ホワイト
ライトブルー/ピンクの4色

ワイモバイルから2018年2月以降の販売開始となります。

 

なお、アンドロイドワンシリーズの特長として
常に最新のグーグルを体験できてメニメニイージー

セキュリティアップデートが毎月提供されますから
セキュリティ面でも安心して使える端末となっていますよ。

コメントを残す