スマホ代・電気代・ガス代上手に節約してみませんか?
zenfone 4

ASUSよりZenFone 4およびセルフィープロさらにプロが新登場

iphone 8のリリースにぶつけてきた感もありますが(笑
ASUSよりZenFone 4が新登場!セルフィープロも同時リリース

もう1機種ZenFone 4 プロは2017年10月下旬販売開始となりました。
ZenFone 4シリーズのスペックや特長などまとめてみましょう。

ASUS ZenFone 4

ZenFone 4スペック

こちらがZenFone 4となります。
最大の特長としてはカメラ機能が強化されたこと

デュアルレンズカメラ

ZenFone 4ダブルレンズカメラ

アウトカメラとインカメラともにデュアルレンズが採用されていて

一般的なスマホカメラと比較して約5倍の光を取り込み
暗い場所や夜間でも明るく鮮やかな写真撮影が可能となりました。

さらに、広角カメラに切り替えると通常の約2倍ワイドに撮影が可能
大人数の記念撮影でもピッタリ収まる写真が撮れるわけですね。

4k解像度の動画撮影も可能となっています。

アウトカメラの有効画素数が約1200万+800万
インカメラの有効画素数が約800万+500万

ソニー製のレンズがメインに使われています。

ZenFone 4基本スペック

サイズ:高さ155.3mm×幅75.2mm厚さ7.5mm

重さ:約165グラム

OS:Android 7.1.1

CPU:オクタコア

メインメモリ:6GB

記録装置:64GB

バッテリー容量:3300mAh

5.5インチのフルHD IPS液晶ディスプレイを搭載で
ゴリラガラス3、バックライトはLEDです。

なめらかなダイヤモンドカットのメタルエッジで

ZenFone 4ボディ

コンパクトにボディが設計されたこともZenFone 4のポイントでしょう。
片手でも使いやすいように作られたわけですね。

カラーバリエーションはミッドナイトブラックと
ムーンライトホワイトの2色が用意されています。

ZenFone 4 セルフィープロ

ゼンフォン4セルフィープロ

こちらは兄弟機種となりますね、ZenFone 4 セルフィープロ
ZenFone 4より若干スペックは劣りますが

ポイントとしてはインカメラが強化されていること
セルフィーですので自撮りが鮮やかにできるカメラなんです。

アウトカメラの有効画素数が約1600万
インカメラの有効画素数が約1200万+500万

セルフィープロでもソニーのレンズがメインに採用されています。

さらに、セルフィーマスターアプリがプリインストールされていて

美人エフェクトを利用すると
お肌のキメやトーンを自由自在に調整できますから

美人エフェクト

セルフィープロスペック

インスタグラムやブログにあなたの写真をアップする際に
1番キレイな写真を使うこともできるんですよ。

ですのでZenFone 4 セルフィープロは
女性ユーザー向きに作られた端末だといえるでしょう。

(男性が美人エフェクトを使っても罪にはなりませんが・・)

ZenFone 4セルフィープロ基本スペック

サイズ:高さ154mm×幅74.8mm厚さ6.85mm

重さ:約147グラム

OS:Android 7.1.1

CPU:オクタコア

メインメモリ:4GB

記録装置:64GB

バッテリー容量:3000mAh

5.5インチのフルHD IPS液晶ディスプレイを搭載で
ゴリラガラス3、バックライトはLEDです。

カラーバリエーションはサンライズゴールドと
クラシックレッド/ネイビーブラックの3色用意されていますね。

インスタ女子におすすめのZenFone 4セルフィープロだといえるでしょう。

ZenFone 4プロ

ゼンフォン4プロ

2017年10月下旬にZenFone 4プロの販売がスタート

ゼンフォン4シリーズの最上位モデルとなりますね。
その分価格帯も8万円台中盤とプロ級ですが(笑)

ZenFone 4プロでも最大の特長はデュアルレンズ

ゼンフォン4プロデュアルカメラ

音質にも高機能を持たせたスマートフォンとなっていて
CDを超える高音質音源のハイレゾ再生にも対応しています。

ハイレゾに対応したASUSの純正イヤホンが標準で付属されていて
届くとすぐに高音質の音楽を楽しむことができます。

ZenFone 4 プロ基本スペック

サイズ:高さ156.9mm×幅75.6mm厚さ7.6mm

重さ:約175グラム

OS:Android 7.1.1

CPU:2.45GHz オクタコア

メインメモリ:6GB

記録装置:128GB

バッテリー容量:3600mAh

5.5型ワイドフルHD AMOLEDディスプレイを搭載
プロにはゴリラガラス5が採用されています。

なかなかのハイエンドモデルだといえますが
格安スマホで行くならZenFone 4が第一候補かな?と思いますね。

予算が合うならプロも検討材料になるでしょうか。

zenfone 4
最新情報をチェックしよう!