ASUS ZenFone AR(ARとVRの両方に対応した世界初のスマホ)

ASUS ZenFone ARのメリットは?ASUSからハイエンドモデルの端末が登場
ZenFone AR(ZS571KL)の最大の特長としては

ARとVRの両方に対応した世界初のスマートフォンでしょうね。
3つの背面カメラも大きな特長となっていますよ。

 

ASUS ZenFone ARスペック

 

ASUS ZenFone ARの最大のポイントとして

Tango・・刺激的な新しいAR(拡張現実)
Daydream・・高品質で臨場的あふれるVR(仮想現実)

この両方を体験できる世界初の端末となっています。

 

高品質なVRを体験できるよう、5.7インチのWQHDディスプレイ
2K解像度のディスプレイが搭載されていることもポイントでしょう。

 

さらに背面カメラには

 

ASUS ZenFone ARカメラ

 

高解像度2300万カメラ
モーショントラッキングカメラ
深度カメラ

この3つの背面カメラが搭載されていて(トライカムシステム)

 

人間の目で見ているような感覚で、周囲の環境を認識し
3Dモデルを作成して動きを追求していくんですね。

もちろん、ASUS独自のレーザーオートフォーカス
デュアルカラーLEDフラッシュも採用されています。

 

ASUS ZenFone AR(ZS571KL)の基本的なスペックは

 

サイズ:高さ158.98mm×幅77.7mm×奥行4.6~8.95mm
重さ:約170グラム

OS:Android 7.0
CPU:2.35GHz クアッドコア

 

メインメモリ:6GB
記録装置:64GB
バッテリー容量:3300mAh

 

アウトカメラの有効画素数が約2300万
インカメラの有効画素数が約800万

カラーバリエーションはブラックのみとなっています。

ニフモで販売がスタートしていますよ。

 

これまでになかった新しい点としては
ARとVRの両方に対応した端末であることと

3つの背面カメラが搭載されたことだといえますね。

 

スペック的にもハイエンドモデルの端末ですが
価格的にも80,000円程度と、格安スマホとしては高額ですので

ニーズが分かれる機種にはなってくるのかな・・と思いますが。
20代~30代の男性ユーザー向きの端末だといえるでしょうかね、

コメントを残す