VAIO Phone A(ウインドウズ10モバイルからアンドロイドに)

バイオPhone Aのメリットは?2016年の4月バイオから販売されたスマートフォンに
VAIO Phone Bizがあるのですが、特長としては
OSにウインドウズ10モバイルが搭載されていることでした。

2017年4月新発売のVAIO Phone Aは、ウインドウズではなく
アンドロイドが搭載されたことがポイントになります。

 

VAIO Phone Aのスペックと特長

 

VAIO Phone Aの特長はOSにAndroidが搭載されたこと
スペック的には従来モデルのVAIO Phone Bizと大きな違いはありません。

ウインドウズ10モバイルからアンドロイドにというわけです。

 

VAIO Phone Aの基本的なスペックとして

 

サイズ:幅77.0mm高さ156.1mm厚さ8.3mm
重さ:約167グラム

OS:Android 6.0.1
CPU:1.2GHz+1.5GHz オクタコア

 

メインメモリ:3GB
記録装置:16GB

バッテリー容量:2800mAh

 

5.5インチのフルHDディスプレイが搭載されて

メインカメラの有効画素数が約1300万
インカメラの有効画素数が約500万

デュアルSIMスタンバイにも対応しています。

 

スペック的にはミドルとハイエンドの中間でしょうか。

近頃は格安スマホといえど、ハイエンドモデルの端末も
どんどん販売されてきましたからね(笑)

 

もうひとつ、VAIO Phone Aのポイントとして
長野県安曇野工場で出荷前に1台1台手作業での検品

 

バイオ安曇野FINISH

 

デザインから耐久性など厳しいチェックが行われます。
いわゆる安曇野FINISHという工程となってるんですね。

 

安曇野FINISHで合格した端末しか出荷されません。
この辺りはVAIO Phone Aが信頼できる端末

長く使えるスマートフォンの証だといえるでしょうか。

 

カラーバリエーションはシルバー

LINEモバイルイオンモバイルDMMモバイル
上記MVNOで販売がスタートしていますよ。

コメントを残す