ワイモバイルおよびUQモバイルでiphone SEの販売がスタート

(2020年3月追記)

ワイモバイルおよびUQモバイルでは現在
iphone7の販売がメインとなっていますよ。

SEは完売となっています。

⇒ ワイモバイル

⇒ UQモバイル

 

ともに火花を散らして競争している両者ですが(笑)

2017年3月25日よりワイモバイルおよびUQモバイルで
iphone SEの取り扱いがスタートとなっています。

ともにワンキュッパ割やイチキュッパ割にも対応
iphone SEが格安スマホとして使えるようになりましたね。

iphone SEについて

iphone SEの価格は

ワイモバイルのスマホプランSだと

購入時:事務手数料3,240円(税込)+端末代金540円(税込)

月額利用料:3,218円(税込)(1年目)

この料金で高速データ容量が2GB/月(2年間)
10分以内の国内通話かけ放題

iphone SEの32GBが使えますよ。

(キャンペーン等で料金は変動する場合があります。)

UQモバイルのおしゃべりプランSだと

購入時:事務手数料3,000円(税抜)+端末代金100円(税抜)

月額利用料:2,980円(税抜)(1年目)

この料金で、高速データ容量が2GB/月(2年間)
5分以内の国内通話かけ放題

似たような料金プランでリリース開始となっています。

(キャンペーン等で料金は変動する場合があります。)

3月はちょうど新生活がスタートする季節ということで
スマートフォンデビューの方も増えてきますね。

新大学生や新社会人にもおすすめのiphone SEだといえるでしょう。

(追記)

2020年3月現在両者ともプランが変更されています。
契約期間の縛りなしで契約解除料なしで契約できます。

iphone SE基本スペック

iphone SEのスペックなど

サイズ:高さ123.8mm×幅58.6mm×厚さ7.6mm

重さ:約113グラム

チップ:64ビットアーキテクチャー搭載A9

OS:ios10

メインカメラ:約1200万画素(4K動画の撮影可能)

記録装置:32GB/128GB

4インチのRetinaディスプレイ搭載
小型軽量で女性にも使いやすいサイズの端末ですね。

A9チップはiphone6sに使われているものと同じです。

ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー
Touch IDも搭載されていて

ios10.1以降ならApple Payを利用することも可能となっています。

テレビコマーシャルでもおなじみのSiriも利用できます。

ネット検索やメッセージを送りたいときなど
「Hey Siri」と話しかけてみてくださいね。

ワイモバイル、UQモバイルともに
このiphone SEは人気になると思います。

価格的にも手ごろに買えますので
端末選びに迷ったら検討材料に加えてみてください。

(iphone SEは完売、現在7がメインで販売されていますよ。)

コメントを残す