Ascend Mate7

HuaweiのAscend Mate7ファーウェイ・ジャパン製のAscend Mate7
こちらは、ポピュラーなAscend G620Sと違って
かなり高性能なSIMフリースマホだといえるでしょう。

世界初のオクタコアCPUにも注目ですね!

 

ascendmate7

 

Huaweiのハイスペックモデルとして登場のAscend Mate7
同じくHuaweiのAscend G620Sと比較しても
かなり高性能な仕上がりとなったSIMフリースマートフォンです。

 

Android4.4
世界初のオクタコアCPU搭載
メインメモリ2GB
記録装置16GB
6インチフルHDの大画面

 

このあたりが、Ascend Mate7の基本スペックとなりますね。
カラーは、ブラックとシルバーの2色が用意されています。

 

オクタコアとは、1つのCPUパッケージに
8個のコアを持っているCPUという意味合いです。
8コアと表現される場合もあります。

 

1300万画素のWebカメラが搭載されていますので、
スマホで写真撮影をよくされるあなたにも
納得できる1台だといえるでしょう。

 

ただ、画面のサイズが6インチと大きめで
重さも約185gとなっていますので
ちょっと女性の手には大きめの端末かもわかりません。

 

男性向けのSIMフリースマホかもわかりませんね。
スマートフォンというより
タブレット端末に感覚が近いかもわかりません。

 

価格を安く抑えたいならAscend G620S
端末のスペックにこだわりたいならAscend Mate7

現在販売中のファーウェイの端末だと
このような選択肢で、用意されているといえるでしょう。

 

Ascend Mate7の主なスペックや特長は以下のようになります。

 

ascendmateの基本スペックとポイント

コメントを残す