【2019年10月】格安スマホどこがいい?14社比較した結果おすすめは

格安スマホ比較2019年10月テレビコマーシャルなどで認知度も上昇の格安スマホ
誰もが一度は耳にしたフレーズとなっていますよね。

スマートフォンとSIMをセットで購入するプランはもちろん
SIMだけを購入して端末はそのまま使えるプランもありますよ。

令和元年10月人気の格安スマホはどこ?

UQモバイル

UQモバイル

3姉妹のテレビCMでおなじみのUQモバイル
認知度も急上昇で契約数もどんどん増えています。

たべちゃんご結婚おめでとうございます!

UQモバイルでは2019年10月より料金プランがリニューアル
スマホプランS/M/Lから希望のプランを選ぶようになります。

従来までのおしゃべりプランおよびぴったりプランは終了
無料通話が必要なら別途オプション契約となりますよ。

契約期間の縛りと契約解除料が撤廃

UQモバイル契約解除料

改正電気通信事業法の施行を受けて大幅に変更されています。

UQモバイルで販売中のスマートフォンには
1番人気にiphone 7

UQモバイルアイフォン

アンドロイド端末も品ぞろえが拡充されていて
わかりやすいセットプランが人気となっています。

ファーウェイ P30 lite

UQモバイルp30ライト

ギャラクシーA30

UQモバイルギャラクシーa30

シャープアクオスsense2

UQモバイルアクオスセンス2

オッポR17 Neo

UQモバイルオッポR17 Neo

京セラおてがるスマホ01

UQモバイルおてがるスマホ

このあたり人気の端末となっています。
オッポR17 NeoはUQモバイル独占販売となっています。

p30ライトの販売もはじまっています。

家族で使うならUQ家族割

2回線目以降の月額利用料が500円割引で1,480円から
最大9台まで申し込み可能の家族割引サービスとなっています。

子供用やシニアの方にも人気のプランですよ。

⇒ UQモバイルの月額利用料やスマートフォンはこちら



リンクライフ(UQモバイル代理店)

リンクライフUQ

UQモバイルの代理店としてスマートフォンや
格安SIMを販売しているリンクライフでは

全プラン一律5,000円のキャッシュバック

UQモバイルのスマホまたはSIMだけを購入しても
キャッシュバックがもらえることがメリットなっています。

料金はスマホプランS/M/Lから選択
契約期間の縛りと契約解除料はなし

新機種のギャラクシーA30やファーウェイ P30 lite
アクオスセンス2やオッポR17 Neoも

キャッシュバックやWEB割の対象となっていますよ。

SIM単体購入でもキャッシュバックが適用されて

リンクライフUQ

今使っている端末をUQのSIMに乗り換えて
そのまま使いたいならSIMだけ買って差し替えればOK

UQ本家の公式サイトと同様に
リンクライフのキャンペーンもチェックしておきたいですよ。

⇒ リンクライフUQキャッシュバックキャンペーンはこちら



ワイモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルでも2019年10月より料金プランがリニューアル
スマホベーシックプランS/M/Rから選択しての契約となります。

1回10分以内の国内通話かけ放題セットはそのまま継続
ワイモバイルでも契約期間の縛りと契約解除料は撤廃されています。

ワイモバイル契約解除料

人気のスマートフォンはiphone 7

ワイモバイルアイフォン

iphone 6sも販売中

ワイモバイルアイフォン6s

32GBモデルと128GBモデルの2機種が取り扱われています。

また、ワイモバイル公式SIMフリースマートフォンとして
ファーウェイノバライトの取り扱いもはじまっています。

60歳以上なら国内通話ずーっと無料の
かんたんスマホ京セラ705KCもCMでおなじみですよね。

オンラインストアで購入すると事務手数料が無料に

ワイモバイル事務手数料無料

オンラインストアで買っても全国約1,000のショップで
アフターサービスが受けられますから安心ですよ。

⇒ ワイモバイルの月額利用料やスマートフォンはこちら

ヤングモバイル(ワイモバイル代理店)

ヤングモバイル

ヤングモバイルはワイモバイルの正規取扱店
おとくケータイ.netが運営しています。

ヤングモバイルでワイモバイルのスマホを買うと
特典としてキャッシュバックが用意されているんですね。

選択したプランによって、そして時期によって

キャッシュバック額が変わってきますから
申し込み前にはしっかり確認しておきたいですよ。

ヤングモバイルでは担当者と相談しながら
最適な料金プランやスマホの提案が受けられることがメリットで

ヤングモバイルメリット

ワイモバイルへの乗り換えを検討しているものの
わからないことや疑問点があるようならすべて質問して

納得したうえで契約を結ぶことができます。

WEB申し込みの後必ず担当者から折り返し連絡がありますから
その時にわからないことなど全部聞いてみるとよいですよ。

⇒ ヤングモバイルキャンペーンはこちら



BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル

10月のBIGLOBEモバイルでは契約特典として

初期費用0円&初月利用料0円
エンタメフリーオプション最大6ヶ月無料

上記の2点がメインの特典となっています。

エンタメフリーオプションは希望者のみ

ビッグローブエンタメフリー

音声通話シムを契約なら別途月額480円のオプションで

グーグルプレイミュージック

アップルミュージック

ユーチューブ

アベマTV

U-NEXT

などがデータ通信量の制限なく楽しめるサービスですね。
動画や音楽をがっつり楽しみたいあなたには魅力でしょうか。

また、10月はスマートフォンの販売が一時中止
改正電気通信事業法の施行を受けてリニューアル中なんでしょうね。

従来までのアシストパックは終了となっています。
11月にはスマホの販売も再開されるようですが。

⇒ BIGLOBEモバイルキャンペーンはこちらの記事で



IIJmio(みおふぉん)

アイアイジェイミオ

IIJmioも老舗のMVNOで
ドコモ端末のSIM差し替えで古くから定評があります。

au回線用SIMの販売もスタートしています。

やはりSIM差し替えでの検討が第一にはなりますが
最近ではセット販売のスマートフォンも拡充されてきて

スマホとシムのセット販売にも力を入れているんですね。
新発売の端末をいち早く導入するようになってきているんです。

iphoneXSやXRや8も販売されてはいますが
すべて中古ですからちょっと考えどこ・・ですけどね。

期間限定キャンペーン開催中で

初期費用の3,000円が1円になったり
SIM料金やスマホ代が割引されておトクに購入できますよ。

⇒ IIJmioの料金プランやスマートフォンはこちらの記事で

IIJmio(みおふぉん)

QTモバイル

キューティーモバイル

川口春奈さんがイメージキャラクターのQTモバイル
九州電力グループQTネット提供の格安スマホとなります。

九州地方にお住まいの方におなじみのQTモバイルですよね。

NTTドコモとau回線用の格安SIMを販売していて
2018年2月よりソフトバンク回線用の格安SIMも販売開始

キャリア3社の格安SIM取り扱いはQTモバイルが日本初でした。

ばり得キャンペーンとして
AタイプまたはDタイプ6GBの音声通話SIMが最大12ヶ月990円/月

手持ちのiphoneにSIMを差し替えてそのまま使うことも可能ですから
QTモバイルなら音声通話SIMの6ギガが狙い目でしょう。

⇒ QTモバイルの月額料金やスマートフォンはこちらの記事で

LINEモバイル

ラインモバイル

LINEモバイルのメリットは高速データ容量を使い切っても
LINEアプリがカウントフリーで利用できることですね。

がっつりSNSを使いたいあなたにはおすすめです。

フリープランなら高速データ容量が月に1GBまで使えて500円~
LINEの通話やトークはカウントフリーで利用できるわけです。

ですので、LINEモバイルのフリープランなら
2台目のスマートフォンとしてLINE専用に使うとか

ガラケーとの2台持ちでLINE専用など安く使えるでしょうかね。

コミュニケーションフリープランを選ぶと、ライン以外に
ツイッター・フェイスブック・インスタグラムがカウントフリーに

ミュージックプラスプランを選ぶと
ラインミュージックも加えてカウントフリーで利用できます。

現在月額基本料5ヶ月半額キャンペーン開催中
5,000LINEポイントプレゼントなども用意されています。

セットで販売されているスマートフォンの機種は多くないんですが

購入しやすい価格帯のP30ライトが加わりましたので
セットで狙うならこの端末かなと思いますよ。

⇒ LINEモバイルの月額利用料やスマートフォンはこちら

mineo(マイネオ)

mineo

葵わかなさんのCMでおなじみのマイネオ

格安シムに乗り換えて
普通に安いスマホ代で・・がアピールポイントなんですね。

「マイネオのリアル」とういわけですw

NTTドコモとau回線対応の格安SIMを販売していますから
SIMだけを差し替えてそのまま使える端末の数なら業界最大級

そして、ユーザーの評価が高いこともマイネオのポイントです。

ユーザー同士でパケットを分け合えるフリータンクなど
独自のシステムも人気になっているんですね。

セット販売の端末も増えてきていますが
マイネオはやはりSIMの差し替えで検討したいMVNOでしょう。

2018年9月4日よりソフトバンク回線用のSIMも販売開始
キャリア3社の格安SIMを取り扱っていますよ。

⇒ マイネオの月額利用料やスマートフォンはこちら

ユーモバイル

u mobile

プランの選択肢がどんどん増えてきたのがユーモバイル

特に大きめのデータ容量をそろえていることが特長です。
20代~30代の若いユーザーに人気のMVNOですね。

現在1番人気となっているのがユーモバイルマックス(MAX)

高速データ通信が月25GBまで使えて2,380円~
25GBに達するまで通信制限はありません。

がっつりネットを使いたいユーザーに好評となっています。



その他、LTE使い放題で音楽聞き放題のUSEN MUSIC SIM

iphoneユーザーのシム差し替えに端末保証が付いたプラン

このような格安SIMも用意されていて
ドコモ端末のSIM差し替えで検討してみたいのがユーモバイルでしょう。

⇒ ユーモバイルの各種プランはこちらの記事で

イオンモバイル

イオンモバイル

イオンモバイルのメリットは全国200以上のイオンの店舗で
アフターサービスが受けられることでしょう。

はじめての格安スマホでも安心感があります。

SIMの料金プランや販売されているスマートフォンの種類が
たくさん用意されていることもイオンモバイルの特長なんですね。

30代~40代の主婦層に人気となっています。

ただ、料金プランも端末もたくさんあるがゆえに

はじめての格安スマホやシニアの方など
選択に迷っちゃうかな?とも思いますが・・

手ごろなのは2万円台のnova lite2と4GBのSIMでしょう。
P20ライトの販売もスタートしています。

p30ライトの販売もはじまっています。

⇒ イオンモバイルの料金プランやスマートフォンはこちら

楽天モバイル

楽天モバイル

楽天モバイルのメリットしては
セット販売のスマートフォンが豊富に用意されていること

さらに、楽天スーパーセールで安く購入できたり
楽天スーパーポイントが使えたり、もらえたりなど

独自のキャンペーンや特典が様々用意されています。

楽天といえばスーパーホーダイなんですが

契約した高速データ容量を使い切った後でも
下り最大1Mbpsで使い放題になることが売りなんですが・・

あくまでもベストエフォートでの1Mbpsですから
どの程度の速度でネットが利用できるか?管理人はちょっと疑問ですが・・

あと、通信が混み合う12:00~13:00および18:00~19:00は
下り最大300Kbpsになるのでこれではネットを使うのが難しいですね。

スーパーホーダイを契約する前に
把握しておくことが大切になってきますよ。

2019年10月より最低利用期間なし、契約解除料なし
料金プランもリニューアルされたことはメリットですけどね。

このタイミングでキャリアになる予定でしたが
基地局の整備遅れ等で延期されちゃいましたね。

今後どのように販売を進めていくのか?
楽天モバイルのこれからにも注目したいところですが。

⇒ 楽天モバイルの料金プランやスマートフォンはこちら



リブモ(LIBMO)

リブモ

静岡県TOKAIコミュニケーションズ運営の格安スマホリブモ
NTTドコモの回線を借り受けたMVNOとなります。

ドコモスマホのSIM乗り換えで検討材料でしょう。

地元静岡のユーザーさんがほとんどですね。
知名度も徐々に上がってはきていますが。

音声通話SIMなら最大6ヶ月間月1,000円割引など
安く使えるキャンペーンも開催されていますよ。

⇒ リブモ格安SIM料金プランこちら

LIBMO

トーンモバイル

トーンモバイル

小学生くらいの子供用やシニアの方、ライトユーザーの方向けに
検討してみたい格安スマホがトーンモバイルです。

基本使用料が1,000円と安くてわかりやすいこと
全国のツタヤのお店でアフターサポートも受けられること

利用金額に応じてTポイントが貯まること
このあたりトーンモバイルのメリットだといえるでしょう。

TONEファミリーでは子供が今いる場所を把握できたり
使いすぎないようスマホの利用時間を決めることができたりと

小さなお子さんをお持ちのママに安心できるオプションもありますよ。

⇒ トーンモバイルのスマートフォンや料金プランはこちらの記事で

TSUTAYAのスマホTONE

まとめ

格安スマホ人気ランキング2019年10月

まだまだ格安スマホのサービスはたくさんあるのですが
当サイト及び関連サイトで人気のMVNOを比較してみました。

なかでもUQモバイルとワイモバイルが人気を集めています。
テレビコマーシャルの反響も大きいですね。

iphone7もまだまだ売れていますよ。
アイフォンは大学生など若いユーザーに人気があります。

両者とも料金プランがリニュアルされて
契約期間の縛りと契約解除料がなくなったことにも注目でしょう。

NTTドコモのMVNOでスマホセットで購入するならBIGLOBEモバイル
ビッグローブではau回線用のSIMの販売もはじまりました。

iphone7とのセット購入など検討してみたいですね。

あと、検討材料に含んでおきたいのはIIJmioのコミコミセット
期間限定が解除されていつでも申し込めるようになっています。

子供用やシニアの方向けにも人気のプランとなっていますよ。

シムの差し替えなら考えてみたいのはマイネオやQTモバイル
両者ともキャリア3社のSIMが販売されています。

マイネオでは独自のマイネ王やフリータンクなども
ユーザーの口コミ評価が高いサービスですね。

SNSメインで考えるならLINEモバイルも検討材料です。
新・月300円キャンペーンでさらに安くSNSが使えますよ。

データ容量が大きめの格安SIMを検討するならユーモバイルも

格安スマホ各社の競争もますます激化していて
いろいろなサービスや特典でユーザー獲得を目指していますので

選ぶ方としては選択肢が多くてちょっと大変ですが(笑)
競争が激化するほどユーザーはより安く便利に使えますので

あなたにピッタリの格安スマホ!頑張って見つけてくださいね。

(上記料金・価格はすべて税抜きで表示してあります。)

コメントを残す