SIMフリーとSIMロックスマホって何?シムロックはどうやって解除すればいい?

SIMロックとSIMフリーの違いSIMとは固有の識別情報が記録されたICカードです。
スマートフォンにはSIMを差して音声通話やデータ通信を利用します。

SIMフリーとSIMロックの違いや、シムロックの解除方法など
SIMについての基本的な知識をまとめてみると

 

シムロック解除

 

SIMロックのスマートフォンとは

あなたが契約しているキャリア
例えばauなら、auのSIMしか利用できませんね。

いわゆる鍵がかかっているわけです。

 

対して、SIMフリーのスマートフォンでは

端末を変える必要がなく、SIMを差し替えることで
選択したMVNOの音声通話や通信サービスが利用できるわけです。

鍵がかかっていないんですね。

 

SIMフリースマートフォン

 

日本ではまだまだSIMロックの契約も多いですが
海外ではもうSIMフリーが一般化しています。

 

ですので、総務省のモバイル創生プランにもあるように、
もっと安く、便利にスマートフォンが利用できるように

2015年5月以降、新たに販売されるスマートフォンには
SIMロックの解除が義務付けられています。

鍵が開けられるようになってるわけですね。

 

格安スマホでは、このSIMフリーの端末を活用します。

例えば、あなたがすでにSIMフリーの端末
シムロックを解除したスマートフォンを持っていれば

SIMだけの契約でMVNOが選択できます。

 

また、現在格安スマホMVNO各社では
NTTドコモの回線を借り受けている場合が多いですね。

ですので、ドコモで契約しているスマートフォンなら
SIMロックの端末でも、他社のSIMが利用できる場合もあります。

 

そして、データ通信専用のSIMなのか?
あるいは、音声通話もついたSIMなのか?

こんな選択肢も可能になってくるわけです。

 

また、あなたがSIMフリーの端末を持っていない場合は
端末とSIMの両方を契約することもできます。

もちろん、今使っている電話番号そのままでの乗り換えも可能です。

 

格安スマホを利用すると、月の基本料金が

3,000円程度でおさまるパターンが多いですから
今より安くスマートフォンが利用できる方も多いでしょうね。

 

キャリア各社のホームページからシムロック解除方法を引用すると

 

ドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

ソフトバンク
https://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

au
https://www.au.com/support/service/mobile/procedure/simcard/unlock/

 

上記ページで解除方法が説明されていますから参考に
ログインしてシムロックの解除をやってみてください。

 

なお、ショップでもシムロックの解除をやってもらえますが
ショップだと3,000円の手数料が必要になります。

上記WEBからだと手数料が無料で必要ありませんから
シムロックの解除はサポートサイトから行うことがおすすめですよ。

ちょっとでも安くあげるほうがいいですよね?(笑)

 

最後に、SIMについて補足しておきますが
SIMには以下の3種類があります。

 

標準SIM

 

標準SIM

 

MicroSIM(マイクロSIM)

 

マイクロSIM

 

nanoSIM(ナノSIM)

 

ナノSIM

 

ですので、あなたが格安SIM単体で契約する場合
今使っているスマホに適合したSIMを調べたうえで

購入するようにしてくださいね。

コメントを残す