P9liteとarrows M03を比較!2016年格安スマホ夏モデルのメインに

P9liteとarrows M03を比較ファーウェイのSIMフリースマートフォンP9lite
富士通のARROWS M03のスペックや特長など比較してみます。

私はこの2機種が2016年格安スマホ夏モデルのメインに
また、下半期を通して人気となる端末だと考えていますよ。

 

HUAWEI P9lite

 

こちらがHUAWEI P9lite

 

2016年6月中旬より販売がスタートしています。
前モデルのP8liteも人気の端末となりましたが
P9liteがP8liteよりグレードアップされた点として

 

5.2インチのフルHD IPS液晶ディスプレイを搭載
CPUはファーウェイおなじみのオクタコア(8コア)が搭載されています。

 

高感度指紋認証センサーが装備されたことも

 

p9liteの指紋認証センサー

 

セキュリティ面が強化された端末だといえますね。

⇒ P9liteの特長などはこちらの記事で詳しく

 

一方、富士通 ARROWS M03ですが

 

富士通 ARROWS M03

 

スペック的にはミドルレンジモデルだといえます。
こちらは5インチのHD IPS液晶ディスプレイですね。

 

arrows M03のメリットしては、衝撃に強いタフな作り
米国国防総省の調達基準に準拠した防水と防塵
キズに強いゴリラガラス3を採用

キッチンやお風呂、アウトドアでもしっかり使える端末です。

 

さらに、おサイフケータイとワンセグにも対応
arrows M03はより日本人の趣向に合わせた
MADE IN JAPANのスマートフォンだといえるでしょう。

 

2016年7月下旬より新発売となっています。

⇒ arrows M03の特長などはこちらの記事で

 

メインカメラの有効画素数は、P9liteが約1300万
arrows M03が約1310万とここは同程度といえますね。

価格帯も、どちらも30,000円程度となっていて
MVNOによってはSIMとセットで分割購入も可能です。

 

単純にスペックのみで選ぶならP9liteに分がありますが
arrows M03は日本人向けにこだわった点がポイントです。

 

まぁ、これはあなたの使い方によるわけなんですけど
P9liteは男性向け、arrows M03は女性向け
大きく分けてこういえるのでは?と私は思います。

 

P9liteはビジネスにもしっかり使えると思いますし
arrows M03は、小さなお子さんをお持ちのお母さんでも
安心して使えるスマートフォンだといえるでしょうかね。

 

取り扱いをスタートしているMVNOもたくさんありますので
こちらのサイトを参考にしていただければと思いますよ。

 

その他補足ですが、子供用やシニアの方向けなど
1万円台で購入できるスマートフォンも機種が増えてきています。

ASUS Zenfone Go
HUAWEI Y6
Acer Liquid Z330
ZTE BLADE E01

など、このあたりも参考にしてみてくださいね!

コメントを残す