格安スマホでよく耳にするMVNOってどんな意味?

MVNOって何?格安スマホの情報をインターネットで検索していたり
雑誌の記事など読んでいると、よく出てくるのがMVNOという言葉。

MVNOとは、仮想移動体通信事業者という意味ですね。
正式には、Mobile Virtual Network Operatorといいます。

 

MVNOの前に、まずMNOの話から始めますが
MNOとは移動体通信事業者の事を指します。
正式には、Mobile Network Operatorとなりますね。

 

現在日本の携帯電話の業界では、MNOが3社

NTTドコモ
au
ソフトバンク

あなたもよくご存知の、この3社がMNOです。
この3社のことを、キャリアと表現されますね。

 

現状ではこの3社のどこかで、携帯電話
スマートフォンを契約しているユーザーがほとんどでしょう。

 

では、MVNOですが(Mobile Virtual Network Operator)
仮想、つまりバーチャルという単語が加わります。

MVNOとは、MNO(つまりキャリアですね)

キャリアから回線を借り受けてサービスを提供している業者となります。

 

では、具体的にどのMVNOが
どのキャリアから回線を借り受けているのかというと

NifMo・・NTTドコモ
DMM mobile・・NTTドコモ
BIGLOBEスマホ・・NTTドコモ
U-mobile・・NTTドコモ
IIJmio・・NTTドコモ
楽天モバイル・・NTTドコモ

 

UQ mobile・・au
mineo・・auとNTTドコモ

ワイモバイル・・ソフトバンク

(ワイモバイルはMVNOではなくソフトバンクですが)

 

MVNOに乗り換えるときの注意点
ここでひとつ、ちょっと勘違いしそうなのですが
例えば、あなたが現在NTTドコモのユーザーだと仮定して
DMM mobileのスマホSIMセットに乗り換えたとします。

 

電話番号そのままで乗り換える場合は
まず、NTTドコモに連絡してMNPの予約番号を取得します。

それから、DMM mobileで契約の手続きをするわけですが
NTTドコモは解約となります。

 

つまり、DMM mobileではドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているわけですが
ドコモは解約になってしまうので、踏まえておいてくださいね。

 

ですので、ドコモのメールアドレスが利用できなくなり
ショップでのアフターフォローも受けることができません。
継続利用期間やポイントも終了となります。

 

その代わりに、今までより安い料金
スマートフォンが利用できるようになるわけです。

 

MVNOとは、仮想移動体通信事業者
NTTドコモ・au・ソフトバンクのキャリアから
回線を借り受けてサービスを提供している業者のことを指します。

コメントを残す