格安スマホMVNO(仮想移動体通信事業者)って何?

格安スマホMVNOとは格安スマホの情報をインターネットで検索していたり
雑誌の記事など読んでいると、よく出てくるのがMVNOという言葉。

MVNOとは仮想移動体通信事業者ということ
正式には、Mobile Virtual Network Operatorといいます。

 

格安スマホMVNO

 

MVNOの前に、まずMNOの話から始めますが
MNOとは移動体通信事業者の事を指します。

正式には、Mobile Network Operatorとなります。

 

現在日本の携帯電話の業界ではMNOが3社

NTTドコモ

au

ソフトバンク

あなたもよくご存知のこの3社がMNOです。
この3社のことをキャリアと表現されますね。

 

現状ではこの3社のどこかで、携帯電話
スマートフォンを契約しているユーザーがほとんどでしょう。

なお、近い将来楽天がMNOとなる予定となっています。
第4のキャリアとなるわけですが。

 

では、MVNOですが(Mobile Virtual Network Operator)
仮想、つまりバーチャルという単語が加わります。

MVNOとは、MNO(つまりキャリアですね)

キャリアから回線を借り受けてサービスを提供している業者となります。

 

回線を借り受けていますから
メンテナンスや拡充にコストがかからず

その分安い料金でスマホを提供することができるわけです。

MNOには接続料を支払うシステムとなっていますよ。
(まぁ家賃のようなものですが)

 

現状ではNTTドコモのMVNOが最も多いですが
auおよびソフトバンクのMVNOも増えてはきています。

これからはキャリア3社のMVNOとなる企業も増えてくるでしょう。

(第一弾はQTモバイルです。)

 

MVNO注意点

 

ここでひとつ、ちょっと勘違いしそうな点を補足すると

例えば、あなたが現在NTTドコモのユーザーだと仮定して
QTモバイルの格安SIMに乗り換えたとします。

 

電話番号そのままで乗り換える場合は
まず、NTTドコモに連絡してMNP予約番号を取得します。

それから、QTモバイルで契約の手続きをするわけですが
NTTドコモは解約となります。

 

つまり、QTモバイルではドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているので、使うのはドコモ回線なのですが

ドコモは解約となりますから踏まえておいてくださいね。

 

ドコモのメールアドレスは利用できなくなり
ショップでのサポートも受けることができません。

継続利用期間やポイントも終了となります。

 

その代わりに、今までより安い料金で
スマートフォンが利用できるようになるわけです。

 

MVNOとは仮想移動体通信事業者

NTTドコモ/au/ソフトバンクのキャリアから
回線を借り受けてサービスを提供している業者のことを指します。

2018年現在は700社を超えるMVNOが存在していて
各社激しく競争をしながら格安スマホやSIMを販売していますよ。

コメントを残す