Zenfone GoとHUAWEI Y6を比較!1万円台のスマホでおすすめは?

Zenfone GoとHUAWEI Y6を比較ASUSから登場のZenfone GoとファーウエイのY6
ともに1万円台の価格帯とコスパ重視のスマートフォンです。

両者を比較して、どちらがどんなユーザーにおすすめ?
スペックやメリット、デメリットなど比較してみました。

 

Zenfonegoのメリットは?

 

こちらがASUS Zenfone Goですね。

5.5インチのHDディスプレイを搭載で、OSはAndroid 5.1.1

メインメモリ2GB/記録装置16GB
メインカメラ約800万画素/インカメラ約500万画素

 

⇒ Zenfone Goのスペックなどはこちらの記事で

 

huaweiy6のメリットは?

 

そして、こちらがHUAWEI Y6

5インチのHDディスプレイを搭載で、OSはAndroid 5.1

メインメモリ1GB/記録装置8GB
メインカメラ約800万画素/インカメラ約200万画素

 

⇒ HUAWEI Y6のスペックなどはこちらの記事で

 

両機種とも取り扱っているのがDMM mobileですので
参考までにDMM mobileでの販売価格を書いてみると

Zenfone Go・・19,800円(税抜)
HUAWEI Y6・・15,980円(税抜)

 

HUAWEI Y6の方が3,820円安く購入できるようになります。
(端末だけの購入はできません。希望のSIMとセットが条件です。)

 

私が最大の違いと思うのは、メインメモリと記録装置
Zenfone Goの方が容量が倍になっている分ちょっと高い

ただ、少なくとも2~3年は使う端末だと考えると
メモリ2GBで記録装置16GBは欲しいところかなと思います。

そう考えると、おすすめはZenfone Goだといえるでしょう。

 

HUAWEI Y6なら、小学生~中学生(高校生にはちょっときついかな(笑)
あるいは、ライトユーザーのシニアの方、それほど写真もとらない
データを保存しておくこともそんなにないよという場合には

価格的にも安く買えるので、選択肢になるでしょうかね。

 

あと、インカメラの画素数ですが、これは自撮り用ですから
メインカメラの画素数は同じなので、それほど大きな違いはないのかな?と。

まぁ、自撮りにこだわりたいあなたには
両機種ともちょっとおすすめできませんね。

(もう少しハイエンドモデルがいいでしょうね。)

 

もうひとつ、HUAWEI Y6で考えるなら
比較材料にしたいのが、楽天モバイル専用モデルのAcer Liquid Z330

 

liquidz330のメリットは?

 

Liquid Z330も本体価格は12,000円(税抜)とリーズナブル
スペック的にもY6とよく似ています。

4.5インチディスプレイとコンパクトな端末ですね。

 

⇒ Acer Liquid Z330のスペックなどはこちらの記事で

 

以上、Zenfone GoとHUAWEI Y6を比較してみましたが
どちらもコスパ重視で、子供用やライトユーザーのシニアの方
ガラケーからの乗換えや2台持ちなど検討材料となるでしょう。

LINEやIP電話アプリも上手に活用しながら
通話料も節約して、さらに安く使ってくださいね!

コメントを残す