あなたが格安スマホを選ぶときの基準は?どんな選択肢があるの?

格安スマホはどんな基準で選べばいいの?最近では取り扱う業者も増えてきて
身近になってきた格安スマホ、格安SIMですが
実際に乗換えを検討する場合、何を基準に選べばよいでしょう?

格安スマホを選ぶときのポイントをまとめてみました。

 

スマートフォン本体ごと乗り換えたい場合

 

これは、新規でスマートフォンを購入したい場合

または、今キャリアで使っているスマートフォンを解約して
電話番号そのままで、本体も買い換えたい場合

スマホ本体とSIMをセットで購入するようになります。

 

一般的には、本体を一括購入または24回分割で
MNPなら音声通話付きのSIMとセット購入するわけですね。

 

現状ではこのパターンの契約が増えてきていて
各社趣向を凝らして、新規ユーザーの獲得を競争しています。

これからますますユーザーさんが増えてくると思われますので
MVNO各社の料金や特典など注視したいところでしょう。

 

ドコモのスマホでSIMだけ入れ替えて使う場合また、格安スマホMVNOはNTTドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているところがほとんどなので

ドコモのスマートフォンまたは白ロムなら、動作確認がとれていれば
本体はそのまま、SIMの差し替えだけで利用することができます。

 

そしてSIMには、090/080の電話番号で通話ができるタイプと
データ通信のみができるタイプの2通りがありますので
以下に違いをまとめてみます。

 

音声通話つきSIM単品購入の場合

 

データ通信と090/080の電話番号で通話ができるSIMです。

今使っている電話番号を、格安スマホでもそのまま使いたい場合は
こちらの通話SIMを選んで、MNPでの契約が必要となります。

 

データ通信専用SIM単品購入の場合

 

こちらは、たとえばあなたがガラケーのユーザーさんで
通話に関しては、今のガラケーのままで利用して

スマートフォンでアプリやゲーム、動画視聴などを利用したい場合
データ通信専用のSIMの選択肢もあります。

ガラケーとスマートフォンの2台持ちを考える場合ですね。

 

また、スマートフォンとデータSIMのセット購入も可能ですので
090/080の電話番号は必要ないけれども
LINEやSMARTalkなどIP電話で無料通話を使いたい場合

つまり、IP電話が使えれば十分という場合ですね。

 

ひとつ注意点として、LINEに新規登録する場合は
SMS認証が必要になりますので、SMS付きのデータSIMを契約しましょう。

 

ほとんどのMVNOで、月額100~150円程度のオプションで
用意されていますので、データSIMならSMS付きがおすすめです。

アプリをインストールで050の電話番号を取得することも可能です。

 

つまりデータ通信専用のSIMとなりますが
IP電話を利用して通話することはできるというわけです。

 

格安スマホの選び方以上の3パターンが格安スマホの選び方でしょうかね。

スマートフォンごと買いかえる場合

ドコモの端末、あるいはSIMフリースマホは別に買ってきて
SIMのみを単品購入する場合

そして、SIMには音声通話付きまたはデータ通信のみが選べること

 

この3通りから、あなたにピッタリのプランを探してみて
毎月のスマホ料金が節約できれば嬉しいですね。

コメントを残す