ソフトバンク1GB月額4900円の新料金プランはワイモバイルよりお得?

ソフトバックで月1GBが4900円でソフトバンクより2016年1月8日に
高速データ通信が月1GBまで
1回5分以内の国内通話かけ放題で月額4,900円

4月以降のリリース予定でアナウンスがありました。
Y!mobileと比べてみて、この新料金プランはお得?

 

まず概要をヤフーニュースより引用してみます。

携帯料金プラン データ通信1ギガバイト、ソフトバンク月4900円 4月以降

携帯電話大手3社が、通話とデータ通信を合わせて月額5千円以下の割安な料金プランを4月以降に導入することが7日、分かった。ソフトバンクは同日、通話と1ギガ(ギガは10億)バイトまでのデータ通信が利用できる月額4900円(税別)の料金プランを発表。またNTTドコモは家族向け料金プランにデータ通信量の少ないプランを新設する。KDDIも割安な料金プランを新設し、今夏までに導入する見通しだ。

現在、大手3社は通話とデータ通信容量が2ギガバイトの定額プランを月額6500円の横並びで提供している。安倍晋三首相の指示で、総務省が昨年12月、携帯料金引き下げや販売奨励金の適正化を要請したことを受け、ドコモとKDDIも1月中に発表する予定だ。

ソフトバンクの新料金プランは、データ通信容量が1ギガバイトまでで月額2900円。1回5分以内の国内通話がかけ放題となるプランと組み合わせると、合計で月4900円(同)となる。

1ギガバイトを超えると通信速度が低下するが、追加料金(千円)を払えば、1ギガバイト分のデータ通信が利用できる。

一方、ドコモは家族向けの「データシェアパック」に、データ通信の使用量が少ない家族向けに数ギガバイトの低料金パックを導入する。これまで同パックはデータ通信量10ギガバイトが最小だった。ドコモは個人向けの1ギガバイトプランも「(ソフトバンクと)同等のプランを検討中」としている。

引用元:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000091-san-bus_all
(こちらの記事は掲載終了となりました。)

 

新料金プランは、あまりデータ通信を利用しないユーザー向けに
高速データ通信が月1GB上限(1GBを超えると128kbpsに制限されます。)

1回5分以内の国内通話かけ放題で月額4,900円
時間無制限のかけ放題プランだと月額5,900円

 

これを系列のワイモバイルと比較してみると

高速データ通信が月2GBまで使えて
1回10分以内の国内通話かけ放題で月額2,980円(スマホプランS)

さらに、ワンキュッパ割で1年間1,000円割引

 

Y!mobileでも、月額1,000円上乗せすることで
スーパーだれとでも定額で無制限で国内通話が利用できますが・・

 

まぁ、最新のiphoneを使いたい場合はソフトバンクになるのでしょうが
端末にこだわらないならY!mobileの方が安いですね。

(ワイモバイルでもiphone SEなら販売されていますが。)
(さらにiphone 6Sの取り扱いも始まったようですが。)

 

どちらも2年縛りの契約が条件

あなたが使いたい端末と
通話時間や回数によっての選択にはなるでしょうが

単純に比較するとワイモバイルの方が安く利用できます。

 

NTTドコモとauも、同程度の通信量・価格帯で
新料金プランを出してくると思います。

 

キャリアのスマートフォンの場合
電話かけ放題プランは、通話メインのユーザーさんにとって
確かに魅力だといえますが

(格安スマホでは一般的に30秒で20円の通話利用が別途必要です。)

 

IP電話アプリなどを活用することで、通話料の節約も可能ですので

ネットサーフィンやメールがメイン
それほど通話もしない、LINEやSMARTalkで間に合うようならなら

格安スマホの方がやはり安く利用できるといえるでしょうね。

(料金・価格は消費税抜きで表示しています。)

コメントを残す