格安スマホのきっかけはモバイル創生プラン

格安スマホはモバイル創生プランからモバイル創生プランとは、2014年の秋に総務省から発表された、
これからの、モバイルを活用した政策となります。

モバイル創生プランの発表が、格安スマホの登場を
促進したといっても、過言ではないのかもしれません。

 

モバイル創生プラン基本方針

 

こちらが、モバイル創生プランの基本方針です。

モバイルは、我が国創生の切り札の一つ

 
現在は、スマートフォンや携帯電話の普及が
国民生活に必要不可欠となるサービスに普及し
さらに今後、経済社会活動全体に広く浸透するにおいて

もっと自由に、身近に、高速で便利に利用できる環境づくりが必要

 

そして、モバイル創生プランを進めていくことで

我が国創生と国民負担(通信費)の軽減を目指す

こちらが、基本的なコンセプトとなっているわけです。

 

具体的な施策として、まず、

自由に選べるモバイルサービスの推進

 

格安スマホはSIMフリーから

 

今までのスマートフォンは、SIMがロックされていて、
例えばドコモで契約すれば、ドコモのSIMしか利用できませんでした。

 

そのSIMロックを解除することで、
SIMフリーの端末があれば、端末を乗り換えることなく、
他の事業者のサービスに乗り換えることができるわけです。

 

ちなみに、SIMとは、
電話番号など固有の識別情報が記録されたICカードですね。
Subscriber Identity Module Cardの略となります。

 

2015年5月以降に、新しく発売されるスマートフォンやタブレットなどは、
原則無料でSIMロックの解除が義務付けられています。

この点が、格安スマホおよび格安SIMが注目され、
様々な業者が参入している理由だといえるでしょう。

 

次に、モバイルの更なる高速化という点では

 

モバイル高速化

 

スマートフォンでの動画視聴などが普及して
通信量も年々増えていることから、
周波数帯域の利用状況もひっ迫しているため

 

スムーズな動画視聴や、回線が混雑しているときでも、
ストレスフリーな通信環境を実現するために
3.5GHz帯の割り当てが、本年中に実施されます。

 

いわゆる第4世代、4Gのスタートだといえますが、
速度的には、1Gbpsまで高速化が計画されています。

1Gbpsの速度の目安を例えると、2時間ものの映画DVDを、
およそ30秒でダウンロード可能なようですね。

 

以上が、総務省のモバイル創生プランの概要になりますが、
私たちにとっては、スマートフォン、タブレットなどが、
より安く、速く、便利に使えるようになれば嬉しいことです。

 

格安スマホや格安SIMを上手に取り入れて、
少しでも家計を節約したいところですね!

コメントを残す