トーンモバイルではTONE m15の後継機種m17の販売がスタート

(2017年8月 追記)

トーンモバイルではm15の後継機種となるm17
2017年8月1日より販売スタートとなりました。

m17のスペックや特長、トーンモバイルの料金プランなど
こちらの記事にまとめてみましたので参照ください。

 

はじめてのスマホ、子供用のスマートフォンなど
ニーズがあるのがTONEモバイルといえますね。

端末に新機種TONE m15の販売もスタート
パケット使い放題と通話基本料合わせ1,000円

 

TONEモバイルのTONE m15

 

TONEモバイルで取り扱いがはじまったTONE m15
従来モデルより、スペックもグレードアップ

 

サイズ:高さ147.9mm×幅74.5mm×厚さ8.6mm
重さ:165g

OS:Android 5.1
CPU:1.3GHz クアッドコア

メインメモリ:2GB
記録装置:16GB

 

5.5インチのHDディスプレイを搭載

背面カメラの有効画素数が約1300万
前面カメラの有効画素数が約500万

価格は29,800円となっています。

 

従来までのm14(19,800円)もまだ販売されていますので
どちらか好きな方の端末を選択できるようになったわけですね。

(m14は販売終了となりました。)

 

SIMの料金として、パケット使い放題+通話基本料で1,000円
ここは従来からの料金プランで変更ありません。

 

TONEモバイルはパケット使い放題+通話基本料で1,000円

 

パケット使い放題ですが、速度は500~600kbps

TONE m15はLTEにも対応していますが
使い放題プランで高速通信はちょっと難しいですね。

(高速チケットオプションも用意はされていますが・・)

 

また、短時間の大量通信や長時間通信には
速度制限がかかる恐れも、注釈で記載されています。

 

TONEモバイルのメリットとしては、電話での遠隔サポート
一部ツタヤ店舗での、対面サポートも受けられることですね。

 

端末の操作性も、シンプルで分かりやすくなっていて

 

TONE m15は簡単操作

 

やはり、はじめてのスマートフォンやガラケーからの乗り換え
子供専用やライトユーザーのシニアの方などに

おすすめがTONEモバイルだといえるでしょう。

 

初期費用として事務手数料が3,000円必要となります。
支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

最低利用期間は24ヶ月の2年縛り、期間内中途解約には
違約金として9,800円必要になりますのでご注意ください。

2年の継続利用を前提での検討が大切ですよ。

 

全国のツタヤのお店でサポートが受けられることと
Tポイントが貯まることはメリットといえますね。

コメントを残す