Zenfone2 Laserバックパネルカバーを開けてSIMのさし方は?

zenfone2レーザーのシムをさすまでレビュー

私が購入したZenfone2 Laserが届いたので
まず、SIMの挿し方を中心にレビューしてみます。

 

zenfone2レーザー中身一式

 

右がZenfone2 Laser本体
あと、充電用のアダプターとイヤホン

その他、取説と保証書が同梱されていました。

届いたらまず本体の充電が最初の作業です。

 

充電が終わればいよいよSIMを挿していきますが
(まだ電源は入れないでくださいね!)

Zenfone2 Laserは本体右側の下側に

 

zenfone2レーザーにSIMを挿入

 

こんなくぼみがあります。
ここからバックパネルカバーを外していくわけですね。

 

あなたが初めてのSIM挿入なら、ちょっと緊張するかもわかりませんが

コツとしては、いきなりバックパネルカバー全体というより

くぼみの部分を外側に持ち上げて
側を少し浮かせる感覚で取り外していきます。

側が浮いたら、ゆっくりパネルを外していけば問題ありません。

 

私は爪で簡単に外れましたが
小さめのマイナスのドラーバーとか

使っていないプラスチック製のカード
(レンタルDVDの会員カードのようなものといえばいいかな?)

 

あるいは木製の、先の薄いへら状の道具など
こんな道具を使って、くぼみからピンポイントで
上にカチッと持ち上げる感覚で外していきます。

 

バックパネルカバーが開いたら
バッテリーを外して、SIMの装着ですね。

 

zenfone2レーザーバッテリー

 

左側がバッテリー、これは簡単に外れます。

まず、SIMの向きですが

 

zenfone2laserにシムをさす方向

 

右側の、microSIMカードスロット1側に

ICチップを下側に、docomoの印字を右側の方向で挿していきます。

 

上下左右の方向がありますのでお間違えなく。
方向を合わせて、そのまま軽く押し込めばOK

 

zenfone2laserにシム装着完了

 

この状態で正常にSIMが装着できました。
上下左右と向きを合わせて差し込むだけ、ここまで3分程度です。

そしてバッテリーを装着してカバーを閉じれば終了。

 

Zenfone2 Laserの電源を入れてみましょう。
(電源ボタンは本体上部になります。)

 

zenfone2レーザースタート画面

 

こちらが最初のスタート画面となります。
ここから各種設定を始めていくわけですね。

 

まず最初は、Gmailのアカウント取得からですが

アカウントをお持ちのあなたは
アドレスとパスワード入力で同期ができます。

 

使用感とか便利な利用方法などは
おいおい記事にまとめていきたいと思います。

 

私は1年くらい前からBIGLOBEのSIMを使っているので
今回、SIMはそのまま、Zenfone2 Laser本体のみを
BIGLOBEで購入することにしました。

 

BIGLOBEではアシストパックという形で購入します。
まぁ、24回分割購入と同じで、1,150円/月となるわけです。

 

データ通信にはほとんどWiMAX 2+を利用していますので

 

私が使っているWiMAX 2+の端末W03

 

スマホSIM側の通信量はほとんど使いません。
ですので、BIGLOBEのスタートプラン1GBで1,400円/月

スマホ本体と合わせて、月の基本料金が2,550円となりますね。

 

ただ、Zenfone2 Laserにするか?P8liteにするか?迷いました(笑)

また、他社にMNPで乗り換えることも検討しました。
MVNO各社の競争も激しくなっていますから
ユーザーにとっては、色々目移りしてしまうことも本音

(2016年秋にはZenFone 3が欲しくなってきています・・w)

 

ですが、SIMフリーのスマートフォンを1台持っておけば
先々他社にSIM単品で乗り換えることもできますので
ユーザーにとっては、便利になったともいえるでしょうね。

 

補足ですが、マイクロSDカードの入れ方は
こちらの記事に書いてみましたので、あわせてご参照ください。

(料金・価格は消費税抜きで表示してあります。)

コメントを残す