トーンモバイル(子供用・シニアの方におすすめの格安スマホ)

トーンモバイルのメリットとデメリットは?私もよくツタヤにDVDをレンタルに行くのですが
ツタヤ提供の格安スマホがトーンモバイルです。

トーンモバイルは子供用、小学生くらいスマートフォンや
シニアの方、スマホデビューなどおすすめだといえるでしょう。

8月1日より新機種のm17が販売開始となっていますよ。

 

TONEモバイルのメリットとしては

 

基本料金プランがわかりやすいことが挙げられますね。

 

toneモバイルは1000円

 

パケット使い放題とIP電話基本料合わせて1,000円/月

NTTドコモの回線を借り受けていますので
ドコモのエリアでデータ通信が利用できます。

 

ただし、パケット使い放題は、容量無制限となっていますが

短期間での大量通信や通話がある場合
制限がかかる場合もありますのでここは注意点です。

 

通信速度的には500kbpsくらいで、高速通信は利用できませんので
動画をよく視聴されるユーザーさんにはちょっと厳しいですね・・

(高速チケットオプション(300円/月)はありますが)

 

また、今使っている090/080の電話番号そのままで
乗り換える場合は、3G音声オプションとして別途953円/月必要になります。

 

050からはじまるIP電話番号の付与もありますので
専用のアプリをダウンロードして使うことも可能です。

ただし、通話料は別途必要になります。

 

 

TONEモバイルのスマートフォンはm17

 

トーンモバイルm17

 

2017年8月1日から販売開始のm17

米国国防総省の規格に準拠した丈夫な端末で
防水・防じん機能も装備されています。

 

おサイフケータイやワンセグにも対応していて
普段使いに最適なスマートフォンだといえますね。

 

箱に置くだけで不具合を検知して自動修正

 

トーンm17

 

この機能もトーンモバイルオリジナルとなっています。

 

トーンm17の基本的なスペックとしては

サイズ:高さ144mm×幅71mm×厚さ8mm
重さ:約148グラム

 

OS:Android 7.1.1
CPU:1.2GHz クアッドコア

メインメモリ:2GB
記録装置:16GB
バッテリー容量:2580mAh

 

価格は34,800円となっています。

5.0インチのHD液晶ディスプレイを搭載で

背面カメラの有効画素数が約1310万
前面カメラの有効画素数が約500万

 

スペック的にもミドルレンジの端末だといえますから
子供用やシニアの方、ライトユーザーの主婦の方

格安スマホデビューなどおすすめでしょう。

 

トーンモバイルではアフターサポートにも力を入れていて

 

トーンモバイルアフターサポート

 

全国のツタヤでアフターサポートが受けられます。
もちろん、電話での遠隔サポートも無料で用意されています。

ただし、店舗でのアフターケアは順次拡大予定ですね。
いきなり全国一斉というわけではないようですが

 

全国にレンタルビデオをメインとしたお店を持っていますから
既存の店舗でアフターサポートも行われるわけです。

このあたりも、初心者には嬉しいサービスだといえるでしょう。

 

もうひとつ、Tポイントがたまることも

 

トーンモバイルでTポイントがもらえる

 

ツタヤ独自のサービスだといえるでしょう。

申し込み時に初期費用として3,000円必要になります。
支払い方法はクレジットカードのみとなっています。

 

最低利用期間は24ヶ月の2年縛りとなりますね。
期間内途中解約には、違約金として9,800円必要になります。

2年間の継続利用を前提とした検討が必須ですよ。

 

トーンモバイル申し込みはこちら以上が、TSUTAYAのトーンモバイル概要ですね。

小学生・中学生くらいの子供用に検討してみたいスマホ

価格的にも、アフターケアが充実している点でも
ビギナー向けのサービスだといえるでしょう。

 

詳しい内容は、ツタヤホームページでご確認ください。

→ ツタヤ提供の格安スマホトーンモバイル公式サイトはこちらから

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す