格安スマホのメリットとデメリットは?

格安スマホのメリットとデメリットテレビCMなどでも話題の格安スマホですが
やはりメリットとデメリットについても
きちんと理解して検討したいものですよね。

必ず、長所・短所はあると思いますので
私が考える格安スマホのメリットとデメリット
こんな風にまとめてみました。

 

格安スマホのメリット

 

基本料金が安くスマートフォンが利用できる

 

格安スマホのメリットとして最も大きいのは
やはり、毎月支払う料金が安く利用できること
ここに尽きるといっても過言ではありません。

 

キャリアでスマートフォンを契約すると、少なくとも
月に6,500円~7,000円程度必要になりますね。
使っている方はよくお分かりだと思います。

 

しかし格安スマホでは、端末代金とSIMをあわせても
3,000円以内の基本料金で、スマホを持つことが可能になります。

 

これまでは、携帯事業は大手3キャリア
NTTドコモ・ソフトバンク・auがメインでしたが
格安スマホはMVNOとして、携帯事業に参入してきました。

 

MVNOとは、仮想移動体通信事業者
Mobile Virtual Network Operatorの略となります。
キャリアから回線を借り受けて、通信サービス事業を行っています。

 

ちなみに現在では、NTTドコモから借り受けている場合場多いですね。

格安スマホで家計を節約

このMVNOの登場よって
格安スマホやSIMが提供されているわけです。

 

月に7,000円程度かかっているスマホ料金を
3,000円程度に抑えることができれば

家計を預かる主婦の方、あるいは年配の世帯の方には
魅力的だといえるでしょう。

 

SIMフリースマートフォンの性能もアップ

 

どうしても格安ということで、スマートフォン本体の
性能もちょっと貧弱・・こんなイメージがあります。

実際、格安スマホが登場した頃には
廉価ですが、性能の低い端末もありました。

 

しかし、2015年5月に発売のASUS Zenfone2など

 

ASUS Zenfone2

 

スマートフォンでは世界初のメインメモリ4GB搭載
最新のインテルCPU搭載
フルHD IPS液晶で5.5インチの大画面

など、とても高性能でハイスペックな
SIMフリースマートフォンも登場しています。

 

契約期間の縛りが短いケースが多い

 

キャリアでスマートフォンを契約すると、
一般的に、最低利用期間が2年間
いわゆる、2年縛りの契約が条件となりますね。

 

格安スマホの場合、MVNOによって違いはありますが
この縛りが短いケースが多いです。

音声通話付きSIMの場合、縛りが6ヶ月・12ヶ月
このくらいの期間で設定されている場合もありますね。

 

また、データ通信専用のSIM契約の場合は
縛りがないケースもありますので、より使いやすいです。

 

格安スマホを検討する場合、MVNO各社の
最低利用期間も参考にしておきたい部分ですね。

 

格安スマホのデメリット

 

キャリアのメールアドレスが利用できない

 

例えば、NifMoを例にあげてみると
NifMoでは、NTTドコモの回線を借りてサービスを提供していますが
あなたが、ドコモからNifMoのSIMに乗り換えた場合

ドコモのメールアドレスは利用できなくなります。

 

同じ回線を利用しているわけですが
NifMoに乗り換えると、ドコモは解約となります。

 

ですので、今度は@niftyのメールアドレス
あるいはGmailなどのフリーメールを利用して
アカウントを作成しなおす作業が必要になりますね。

 

SIMフリースマホは、OSがAndroidがほとんどですから
この機会に、Gmailをメインに利用することもひとつの方法です。

この先さらに、他社のSIMを利用するケースも考えておくと
Gmailでアカウントを作成しておけば手間がかかりませんね。

 

MNPで乗り換える場合、ひとつの方法として
キャリアアドレスが利用できるうちに
Gmailのメールアドレスを取得しておいて

キャリアアドレスから、Gmailのアドレスを
先にアナウンスしてく方法もありますね。

 

そうすると、格安スマホの乗り換えた後
アドレスの変更告知の手間が省けるかもわかりません。

 

ショップでのアフターやサービスが利用できない

 

これも前述のメールアドレスの件と同じ理屈です。
例えばNTTドコモからNifMoに乗り換えると
ドコモは解約になりますので、ショップでのサービスが対象外となります。

ポイントや継続利用期間なども終了となります。

 

キャリアでは、日本全国でショップを展開していて
何かの時には便利に利用できますが
ショップの人件費、経費などは当然料金に跳ね返ってきます。

 

格安スマホMVNOでは、ショップはほとんど持たず
ホームページからの契約やアフターがメインですので
その分コストを抑えることができるので

料金面で安く、スマートフォンが提供できるわけですね。

 

通話料に別途30秒で20円必要になる

 

NTTドコモの標準的な月額料金で例えると

カケホーダイプラン・・2,700円
spモード・・300円
データSパック・・3,500円(データ通信量2GB)

合わせて6,500円が月の基本料金となります。
カケホーダイですので、通話料も含まれていますよね。

 

ところが格安スマホでは、例えばDMM mobileで例えると
データ通信量2GBの通話SIMで月額基本料金が1,470円

この数字だけ見ると、ドコモより5,030円安いわけですが
通話料として、別途30秒で20円の従量制となります。

 

ですので、ビジネスなど頻繁に通話を利用する場合は
格安スマホの方が、逆に割高になる恐れもあります。

 

あまり通話も使わない、LINEの無料通話メインでOK
時々インターネットやメールが使えれば問題なしのあなたは
かなり安くスマホが使えるようになるともいえますが・・(笑)

 

格安スマホを使うなら、通話料の節約が鍵となります。

選択肢のひとつはY!mobile
スマホプランSの場合、月2,980円の基本料金で
10分以内の国内通話が月300回まで無料になりますので(2年間)

通話重視のあなたには検討材料のひとつですね。

 

また、楽天でんわアプリをダウンロードして
アプリから電話をかけることで半額の30秒10円

 

LINEやスカイプなどのIP電話も利用できますので
無料通話を活用するなど、格安スマホでは
通話料の節約がとっても大切なポイントとなってきます。

 

電話番号そのまま(MNP)で乗り換える場合に

 

まず、今使っているキャリアでMNPの手続きが必要です。

⇒ MNPのやり方についてはこちらの記事で

特に難しい手続きではありませんが、若干手間ですね(笑)

 

そして、あなたが今使っているキャリアに
MNP転出手数料も必要になってきます。

(2,000~3,000円程度となりますね。)

 

以上が、私が考える格安スマホのメリット
そしてデメリットをまとめてみました。

 

格安スマホにも長所と短所がありますので
あなたの使い方を一度見直してみて
検討されることがおすすめだといえますね。

(料金・価格は税抜きで表示しています。)

コメントを残す