IIJmioみおふぉん(ドコモおよびau端末格安SIM差し替えで検討材料に)

IIJmioのメリットは?IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブ提供
古くからドコモ端末用の格安シムを販売している老舗ですが

auのシムの販売も始まってマルチキャリアMVNOとなりました。

さらに近頃では、セット販売のスマートフォンも増えていて
ますます選択の幅が広がってきたといえるでしょう!

 

 

IIJmio(みおふぉん)も、NTTドコモの回線を借り受けて
サービスを提供しているMVNOとなります。

古くから、ドコモスマホのSIM差し替えに定評がありますね。
iphone7でも動作確認がとれているようですよ。

 

さらに2016年10月1日より、auのSIMの取り扱いも開始!
マイネオに次ぐマルチキャリアMVNOとなりました。

 

MNPで乗り換える場合でも、おうちでナンバーポータビリティ

SIMが届いてから自分で切り替えが可能となっているので
電話が使えない、いわゆる不通期間も解消されています。

 

タイプD(NTTドコモ)のデータSIM月額基本料金は

 

ミニマムスタートプラン(3GB)・・900円
ライトスタートプラン(6GB)・・1,520円
ファミリーシェアプラン(10GB)・・2,560円

SMS機能をつけるならプラス月額140円

 

タイプD(NTTドコモ)の通話SIM(みおふぉん)月額基本料金は

 

ミニマムスタートプラン(3GB)・・1,600円
ライトスタートプラン(6GB)・・2,220円
ファミリーシェアプラン(10GB)・・3,260円

 

プランA(au)のSIM月額基本料金はちょっと違っていて
データSIMのみのプランはありません。

SMS付きで、タイプDのデータSIM料金と同じになります。
みおふぉんはどちらも同額となっています。

余ったデータ通信量は翌月まで繰り越すことができますよ。

 

IIJmioみおふぉんでは余ったデータ通信量を翌月まで繰り越し可能

 

ちなみにIIJmioでは、毎月付与されるデータ通信量をバンドルクーポン
余った通信量などはクーポンと表現されています。

 

 

 

初期費用としてパッケージ価格が3,000円必要となります。

通話料は別途30秒で20円必要になりますが

専用のみおふぉんダイアルアプリから電話をかけることで
半額の30秒10円で通話することができます。

 

さらに、2016年9月1日よりスタートしたサービスで

電話かけ放題オプションも登場となりました。

 

このみおふぉんダイアルのオプションは2通り用意されていて

同一mioID間の国内通話(家族)なら30分まで
その他は5分かけ放題で月額830円のプラン

 

iijmio5分かけ放題

 

同一mioID間の国内通話なら10分まで
その他は3分かけ放題で月額600円のプラン

 

iijmio3分かけ放題

 

どちらかを選んで契約することが可能です。
通話重視のあなたにはおすすめのオプションだといえますね。

 

最低利用期間は12ヶ月
最低利用期間内での解約には、解除調定金として

【12ヶ月-利用開始月を0ヶ月とした利用月数×1,000円】必要になります。

 

例えば、2017年7月に利用を開始して
2017年8月に解約したとすると
解除調定金が11,000円かかってくるわけですね。

 

IIJmioで販売されているスマートフォンには

 

富士通 arrows M04(7月20日)

ASUS ZenFone Live

ファーウェイ P10/lite/plus
ファーウェイ nova/lite

VAIO Phone A
アルカテル IDOL4

ASUS ZenFone 3
ASUS ZenFone3 レーザー

ASUS ZenFone3 Max
ASUS Zenfone Go

富士通 ARROWS M03

主に、このような端末が現在SIMとセットで販売中となっています。

(2017年7月現在)

 

IIJmioのアローズM04

(こちらはコスパ重視の富士通 arrows M04です。)

 

セット販売の端末もラインナップが増えて
検討材料が充実してきたこともIIJmioのメリットでしょう。

MVNO各社比較しても豊富なラインナップになりましたね。

詳しい内容は、IIJmioホームページでご確認ください。

⇒ 今話題の格安SIM。動作確認済み端末チェックできます/IIJmio

(上記料金はすべて税抜きでの表示となります。)

コメントを残す